工藤壮人の覚醒を待つ……やっぱり工藤がエースでなくちゃ


【今日の一言】
攻撃のチームに戻ろう

久々の勝利となった先日のジュビロ磐田戦。
リーグ戦で、優勝がかかったゲームでもないのにあんなに喜んだことはあったかなぁ。
ヤン・ヨンソン監督になっての初めての勝利。
もちろん、まだまだ安心はできませんが……。

パトリックは凄い

あんなに凄かったんだなぁ、というのがパトリックの印象。強烈でしたね。思えばよく、ガンバ大阪と戦っていたなぁ、と。
もちろん、数年前のナビスコカップの決勝が典型だけどこっぴどくやられたときもあったけど。
味方でよかった、と改めて思う。

でも、パトリック頼みだけ、というのは、誰しも思っているだろうけど、よくないですよね。そりゃ、頼るよ、パトリックに。しかしそれだけじゃ進化していかんよね。
大丈夫だとは思うけど、完治してるけど、膝のことは在るから、全てのゲームにフル出場というのは、むしろパトリックのためにも、チームのためにも、避けたいところ。
そこで、というか、やはり、というか。
工藤壮人に一刻でも早く覚醒して欲しい。

やはり工藤壮人なんだよ

丹羽選手やパトリック選手がサンフレッチェ広島にやってきて、チームは大きく変わった。得点力が一気に増えた。
しかし、ここは私はやはり工藤壮人にエースになって欲しい。
背番号50は、サンフレッチェ広島に何をしにやってきたのか。それはエースになるためなんだ。
パトリックは凄い。でも、エースじゃないんだよ。なんか、パトリックは怪人と称せばいいだろうか。変な言い方しかできないけど、パトに低い評価をしているわけじゃなくって、パトはパトで独自の存在。それはサンフレッチェ広島において誰も犯すことができない聖域を既に築いている。
で、エースは、工藤がなるべきなんだ。
先に書いた、膝のこともあるし、パトの90分フル出場は避けるべき。
数年前の、寿人が、後半に拓磨と交代したようなパターンで、パトが2点取った後、後半の早めに工藤が出てくるというふうにならないかなあ。

パトの破壊力(スピードも含め)はワールドクラス。そこと比べると、相手チームに少し楽な感じを与えるかもしれないけど……
FC東京からやってきたネイサン・バーンズとのコンビ、というのもあるだろう。
とにかく、90分パトリックではなく、80分くらいから工藤壮人がピッチに登場し、追加点を上げる。毎ゲームそんなシーンが有ることを願う。

工藤壮人の覚醒を待つ。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村