大宮戦に大敗 0対3 うーん


【今日の一言】
なんとも言えん

相変わらず、サンフレッチェ広島の不振が続く。点が取れない。
点が取れる気配がない。そこそこパスは繋がるんだけど、やっぱりいつものようにゴールが決まらない。
監督の采配にも不信が募る。先発メンバーにも疑問は残る。

負けるべくして負けた、前節の大宮戦
先週の日曜日、エディオンスタジアムに降格を争う大宮を迎えた。
勝ちたい。ホーム初勝利もかかってる。
しかし結果はみんな知ってる通り、0対3。
うーん、なんとも言えないゲームだった。
確かに攻めてはいた。パスも大宮のバイタルエリアでよく繋がっていたように思う。
しかし、シュートがことごとく外れる。フリーのチャンスも。キーパー正面か、マウスの外。


鹿島戦より良くなっていたように感じた。それは最終ラインからワイドも含めた前線までの距離感。前と後ろが空き過ぎて、青ちゃんの前後を使われ過ぎて、斜めに走ることで最終ラインのギャップを作られ(自動的にギャップをが出来ていたような気もするけど)、簡単に得点されていた、あの鹿島戦よりは随分よくなったようには思うけど。

結局、相手のディフェンスラインとの駆け引き(時として線審との駆け引きも)の天才だった寿人選手がいなくなったことは、やはり大きかったんだと思う。
トップとシャドーの所まで運ばれた、あるいは両翼が運んで来たボール、そこまではいいのだけど、そこで終わるんだもん。
結局、崩しきれてないんですよ。相手ディフェンスは不安定になっていない。
\u2028ウチの最終ラインでボールを回している時から、トップは相手の最終ラインに不安感を与え続けておかないと。その時点での心理戦に勝っておけばそれでボールが前線に運ばれた時に、相手ディフェンスは崩れるような気がします。

シュートの練習はもちろん大切。
でも、相手ディフェンスとの駆け引きも、重要だと思うよ。
工藤ちゃん、頼むよ。宮吉も頼む。
ディフェンスラインを不安に陥れておいたら、バイタルエリアにボールが来た時は、恐怖のどん底なんなだから。
二人で2点くらい取った後は、前がかりになった相手に対して、パトリックが出て来て、2点くらい取る、という感じで行きましょう。

なんか、今回は、最後の方は投げやりな感じがしますが、決してそんなことはありませんよ。


◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村