反撃の狼煙となるか 対ヴァンフォーレ甲府戦 1対2で勝利 よかったぞ、ロペス 篇

Pocket
LINEで送る

【今日の一言】
これを続けないとですね

昨日のヴァンフォーレ甲府戦は、セレッソ大阪戦に続いて、大きな意味を持つゲームだったと思います。
セレッソ戦は、残留を目指すのか、中位を伺うのか、目標設定の分水嶺。
しかし、完敗。
その結果サンフレッチェ広島は、残留が目標になってしまいましが。

そして甲府戦。
残留を目標にして戦えるだけのポテンシャルがあるのか、それとも今のサンフレッチェ広島は、カテゴリー2で戦うべき実力なのか。

ゲームの結果は、みんなもご存知の通り、1対2でサンフレッチェ広島の勝利。
まだ、カテゴリー1で戦える力はある、ということを自分たちの力で勝ち取ったゲームだったと思います。

皆川も良かったけど、ロペスが初めて良かった

攻撃に関していうと、皆川の評価は高かったし、本人が言っていた、寿人選手のような動きがある程度できていて、前線での攻撃の起点になっていましたよね。
惜しいシュートも何本かありました。ただあそこで決めれたないのが、これまでの皆川なので、さらに進化して言ってほしいですね。
これで工藤選手もさらにファイトを燃やすことでしょう。

で、ロペスが良かったです。
ロペスが日本に来て、初めて「良かった」と思いました。
昨日のゲームでは少し下がり気味の印象がありました。だからそこでしっかり、後ろからのパスを受け止めて次への展開へ持っていってましたよね。
シュートも入らなかったけど良かったし。
やっと来たか、という感じ。練習の時にはいつもあのクオリティなんでしょうね。だから監督が使い続けるわけで。やっとそれが、本番で出るようになってきたということでしょう。これからに期待。
ただ、ディフェンスに回った時、1対1対にちょっと弱いのは何とかしてほしいけど。

ということで、昨日の甲府戦の振り返り、第1部はここまで。
今日中に、第2部をアップすす予定です。
明日になるかな……。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

Pocket
LINEで送る