確率的には厳しいけど、一緒に戦うしかないんだよ サンフレッチェ広島降格の危機

Pocket
LINEで送る

【今日の一言】
今日も、明日も、生きていくんだよ

J2降格がリアルな話になってきた。
まさか、優勝したシーズンから2年後にこんな事態に陥るとは、多くの人が想像できなかっただろう。(私の友人で、ずっとサンフレッチェ広島を応援してきたある一人は、去年から覚悟のシーズンが、もうすぐ来るって予測してたけど。彼女には見えていたんだなぁ)

確率的には、J2降格は、ぶっちゃけ今の段階では8割くらい。だと思う。
前回の記事にも書いたけど、残留ラインの勝ち点40を積み上げるには、引き分けを考えずに計算すると、5割以上の勝率が必要だ。正直、今のサンフレッチェでは、無理だ。

じゃあ、私たちは、このまま降格を許すのか、というともちろんそんなことはない。
やっぱり応援で後押しするしかないんだよ。

ここにいろんな考え方があるのはわかる。
インターミランのサポのように、一斉途中退場という方法もあるし。
そりゃ、セレッソ戦のようなゲームでは、現地応援したサポも、帰り道がえらい惨めな感じになるのはわかるし。

ただね。
やはり苦楽を共にすると覚悟を決めたんですよ、私は。
サンフレッチェ広島と苦楽を共にすると。

森保監督や選手を批判するのは簡単だけど、私はなんか、それはかっこ悪いと感じてしまう。
森保監督に打ち手がなければ、彼は自ら辞めると思う。
打ち手はあるんだよ、きっと。私はそれを信じる。
修正というレベルではなく、ゼロスタートかもしれないけど。

だって、覚悟を決めたんだから。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

Pocket
LINEで送る