2対0は危険なスコア、の向こうに見えた希望 昨日のベガルタ仙台戦

Pocket
LINEで送る

【今日の一言】
この世は、呪いと祝福の言葉でできている。
だから私たちは、祝福の言葉を選ぼう

いつの時代も、状況に合わせて変化しないものは、淘汰されてく。それをダーウィンは進化と呼んだ(んですよね?)

サッカーとって、それは同じ。先人の想像ができない尽力で、サッカー自体が進化してきた。もし、今のサッカーが、釜本選手を擁してメダルを獲得した時代のスタイルだったら、こんな人気のあるスポーツエンターテインメントにはなっていなかったに違いない。

それはクラブチームの戦略・戦術においても同じことだ。今、世界のの潮流はポゼッションサッカーだ、なんて言っている人はいない。数年前には間違いなく主流だったけど。

サンフレッチェ広島だって、数年前と同じサッカーをやっていたのではこれから戦えなくなるし、人気も落ちていくんだよ。
だから森保監督は決心したんだと思う。サンフレッチェ広島のサッカーを変える、と。少なくとも後5年は、日本のサッカーをリードできる戦略と戦術にチェンジすると。

それは、本当に強くなる戦略・戦術だと感じた。だからみんな、信じて応援しようよ

横浜F・マリノス戦を、スタジアム参戦して観たのですが、私はその戦いっぷりを観て、ちょっと感じたことがあったんです。

「もしかして、○○やろうとしてるんじゃないの」って。(○○は間違ってたら恥ずかしいので秘密)
で、Facebookで友人とお話ししてその確信は70%くらいになったのですが、もしそれがあっていたら、サンフレッチェ広島は強くなりますよ。
今はレッズが強いけど、それ以上に。サンフレッチェ史上、Jリーグ史上最恐のクラブになるかもです。

ただ、こりゃたいへんだろうな、とも思いました。
よっぽどだもん。
昨日の仙台戦のゲームを見ても、まだまだですが、攻撃はいい感じですよね。
(昨日のベガルタ戦の守備は、正直おそまつでしたが。でもラストに追いついたのもいいじゃんね)

信じて待とうよ、6月くらいからその成果は出てくるはず。せめてそこまでは待とうよ

サンフレッチェ広島の大改革、それは少し時間がかかりギャップも生まれます。
監督はそのギャップをできるだけ少なくしよう、優勝を狙いながらチェンジしていこう、と考えたのでしょうが、それは甘かったですね。

でも、大転換できたら、絶対強くなる。私はそう思っています。
成果がで始めるのは6月くらい? 5月に出ればいいけど……。
せめて6月くらいまでは待とうよ。
信じようよ。J二に落ちることはないって。大丈夫。6月くらいから成果はで始める。
そこまでは、私たちも、信じて、我慢して、ひたすら励まそう。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

Pocket
LINEで送る