日本代表 対 タイ 雑感  決して快勝ではない4対0

Pocket
LINEで送る

【今日の一言】
このままじゃ、ズタズタの予感

4対0で勝ったけど……危ないゲームだったと思う

日本代表4対0でタイに勝った。得失点差が4。
でも4対4くらいの可能性もあったし、もしかしたら、2対3くらいで負けたかもしれないゲームだった。
ずば抜けて日本が強い、という印象はなかったですね。

日本は、決定力があった。しかし攻撃そのものが上手く行っていたわけではない。
タイはまだディフェンスが発展途上だった。
一方
タイの攻撃は素晴らしかった。
しかし川島が当たっていた。
そして、
日本のディフェンスは相わからず上手く行ってない。
ゲームの流れはこんな感じでしょうか。

久保裕也は、素晴らしい

それにしても、久保裕也選手の活躍は素晴らしかったですね。2つのアシストと1ゴール。
そして活躍してもクール。
武道一家に育ったらしいんだけど、サッカーもそういう雰囲気が出てますよね。
相手チームの虚実の虚が見える感じ。特に昨日の3点目の自身のゴールは、オーバーなアクションではなく、フッと相手のディフェンスの隙を突いてミドルを決めていた、という感じでした。

川島選手はやっぱり凄い

タイのPKを、川島選手は跳ね返した。これは凄かった。
4対0と4対1では、今後の展開が全く違ってくる。
ワールドカップ出場に関しては、得失点差が大きく物を言ってくる。
あのPKを止めたのは凄かった。
日本がワールドカップに出場したとしたら、このセーブは、今後語り継がれることになるだろう。
とにかく強いんですよね、川島選手は。西川選手はうまいかもしれないけど。アジアや世界に通用するのは……川島選手なんですよね。

なぜ、宇佐美?浅野拓磨が見たかった

ハリルホジッチは、後半に選手を3人交代させた。清武は納得できる話。本田はどうなんだろう。
で、最もよくわからないのが、宇佐美。
なんか違う感じがするなあ。
全く得点の香りがしなかった。ヘラヘラしてたし。
やっぱり、サンフレッチェ広島ファンとしては、あそこは拓磨を見たかった。

守備がこのままじゃ、ズタズタの予感

さて、いよいよこれからアジア最終予選は佳境を迎えます。
サウジアラビア、オーストラリアとこれから当たるわけですからね。
守備がこのままじゃ、いいようにやられる予感。
さて、どこまで立て直してくれるんでしょうか。
日本代表よりJリーグが好きな私にとっては、高みの見物、とさせていただきましょう。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

Pocket
LINEで送る