公式戦4戦勝利無し。札幌戦で光は見えるのか……工藤壮人が覚醒するまで、今は我慢の時

Pocket
LINEで送る

【今日の一言】
工藤壮人の覚醒を待つ

なかなかの重症だ。
開幕から公式戦4戦勝利無し。これは、なかなか厳しい。
とにかく点が取れない。不思議なくらいに取れない。
昨日のルヴァンカップの第1節は、全く動画は見れていないのですが、参戦した人からの情報、を頼りにすれば、決定力不足以前の問題らしい。
相手を全く崩せないのでしょう、多分。

なぜ、相手のペナルティエリアに侵入しなくても、勝てたのか?

実は、サンフレッチェ広島の戦いにおいて、ここ数年、相手ペナルティーエリアへの侵入プレイが他のクラブに比べて低い、という現象が現れていた。(スカパー!のJリーグラボでやっていた。あれは面白いよね)
それでも広島は優勝を含めた素晴らしい成績を残している。
なぜだろう。
それは、裏を取る稀代の天才ストライカー=佐藤寿人がいたからだ。
ある意味、寿人選手が一瞬ペナルティーアリアに入ったら、次の瞬間、ボールをゴールに突き刺していたのだ。
それが佐藤寿人の凄さ。

寿人選手が、戦術上フル出場しなくなると、そこで頭角を現したのはジャガー=浅野拓磨。
彼も、ピッチを縦横無尽にトップスピードで駆け抜けながら裏を取る。ペナルディエリアでのプレイ時間は短いのだと思う。

2017年は戦術を0から構築する年となった

昨年、浅野拓磨が海外へ渡った。
森保監督は、おそらく、寿人、拓磨、ウタカを上手に使うつもりだったのだろう。
しかし、拓磨は指揮官が予想するより早く彼の地へ行ったのだ。
寿人とウタカの両立は難しかったのか……結局ウタカに頼ることになった。

そして、ウタカは、もう広島にはいない。

私見たっぷりに言わせていただくと……。
今年のサンフレッチェ広島は、工藤壮人のチームだ。
彼を中心に、全てが回る。
寿人のチームだった時、拓磨のチームだった時、そしてウタカのチームだったときのように。

言ってみれば、ゼロスタートだ。
しかも、工藤壮人をサポートするべき紫の戦士が、離脱もしている。

新生サンフレッチェ広島も船出は、散々なものだった。
しかし、
私たちは、マジにこれからだと思っている。

工藤壮人選手を中心にしたチームになるためには、あと1ヶ月から2ヶ月はかかるだろう。
でも、それが実現できた時は、再び、あのワクワクするようなサッカーを見ることが出来るのだ。
そりゃ、勝ち星は欲しいよ。
でも、今は我慢の時。ブレずに、磨きをかけてくれ。

この文章を書いていたら、早く、スタジアムにサンフレッチェ広島のゲームを見に行きたくなってきた。
うまくいかないときも、うまくいくときも、
サッカーは面白い。Jリーグは面白い。サンフレッチェ広島は、ぶち面白い。

対 コンサドーレ札幌戦、行こうかな……いや、無理だよな……^^;

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

Pocket
LINEで送る