原爆ドーム

広島市さん、遠慮せずに、サッカースタジアム作りたくないから高さ制限を法化したい、と正直に言っちゃってくださいよ

【今日の一言】
もっと、味方を作らないと、私たちは

昨日(2017/01/03)の中国新聞で以下の3つの見出しが踊っていましたね。
「 原爆ドーム北側の景観保全」
「建物高さ法規制検討へ」
「広島市、オバマ氏訪問で重要性再認識」

まあ、私からすれば、明らかな『旧広島市民球場跡地のスタジアム建設潰し』のように感じてしまいます。
いろいろ感じ方や考え方はあるとは思いますが、市長や市役所もえげつないやり方するんだなあ、と私は感じました。
「広島市、オバマ氏訪問で重要性再認識」ってどういうことか、さっぱりわからない。
原爆ドームの周辺は重要に決まっている。なんでオバマ氏訪問で再認識できたのだろう? もはや、それまで認識していなかった、ということのほうが、広島市としては大問題だろう。

いや、私も新しい年になったわけですし、考え方を改めよう。
この、広島市の施策は素晴らしい!
じゃあ、逆に聞くけど、大事なのは景観だけ?
景観だけ守ればいい、というわけじゃないですよね。
そこに何があるかが大事だと思うよ。

まさか、高さは必要ないのでイベント広場を、なんて言わないでしょうね。
イベント広場って、明らかに中国新聞と在広テレビ局のために作るものですよね。

もう、多くの広島の人が知るところとなっていますよ、
なぜ、旧広島市民球場跡地にスタジアムが建たないのか。
なぜ、もう完全に無くなったはずの、スタジアム宇品案を、「無くなりました」と言えないのか。誰に遠慮して言えないのか。
誰がそこにスタジアムを作ろうとしたのか。なぜ、宇品にしようとしたのか。
もう、みんなバレてます。
地方の政治というのは、どこも同じとはいいません。ちゃんと地域のために働いていらしゃる議員さん方がたくさんのところもあるでしょうから。
しかし、広島はどうなんでしょうか?

まあ、こんなこと書いても、結局は、選挙で通っているのですから仕方ないのですけどね。
これはスタジアム問題だけではありません。
一事が万事、とは、よく言ったものです。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村