浅野拓磨に、旅立ちの時が来た

旅立ちのときは、来るだろうな、と昨年の夏くらいからは思っていた。
そして、それは思いの外、早く訪れた。
…………
浅野拓磨は、どうやらアーセナルへ行くらしい。おそらく決まりだろう。
アーセナルからまたレンタルで何処かのクラブに行くらしいけど。

アーセナルの戦術はジャガーには合わないとか、アーセナルで成功した日本人はいないとか……そんなことはどうでもいい。
拓磨のことは、拓磨が決めればいい。
とにかく、思い切ってやってきて欲しい。というかやってくれるはずだ。

私は一介のサンフレッチェ広島に過ぎないしサッカーの専門家じゃないけど、そんな私にだって、拓磨の突出したポテンシャルは感じることができる。

ここ数年、サンフレッチェ広島で拓磨を見るのは、楽しかったしとにかくワクワクした。
先発はなかなかなかったけど、それでもジャガーがピッチに立つと、スタジアムの雰囲気が変わり、新しい展開が始まる期待感に溢れた。
そして拓磨は、ジャガーのように、矢のように、相手選手を瞬間抜き去り、相手ゴールに迫って得点を上げた。

また、サンフレッチェ広島で先発に定着したとは言いがたい。
しかし、そのポテンシャルは高く、既にジャガーは広島の10番を背負っている。
そして、ジャガーは世界へと旅立っていく。

まだ早い、もう少しサンフレッチェ広島でプレイして欲しかった、という思いを抱く人もいるかもしれない。
しかし、私はそうは思わない。
今がベスト。今こそが、旅立ちの時だ。

私は、拓磨を信じて応援するだけだ。
拓磨なら、欧州の緑のピッチを目にも止まらないスピードで駆けまわり、多くのゴールを重ねてくれるだろう。

ヨーロッパでもジャガーポーズを決めてくれ(ちょっと子供っぽいけど^^;)
君は、Jリーグのチャンピオンチームの、サンフレッチェ広島の10番を背負ったプレイヤーなのだから。

もう一度言おう。
浅野拓磨に、旅立ちの時が来た。

p.s.
拓磨のプレイはいろいろ印象に残ってるけど、
昨年のアウェイでのレッズ戦、あのゴールは忘れられないなぁ。チャンピオンシップの第2戦のゴールも。
ヨーロッパでも、たくさんのゴールを見せてくれ。拓磨が落ち着いたら、絶対にヨーロッパまで応援に行くから。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です