Jリーグ百年構想

どうやらマジで、Jリーグ関係者はレッズが優勝することを「いいこと」とおもっているらしい(この文章はレッズをディスるものではありません)

Jリーグが面白いのは、
「戦国時代だから」と私は思っています。
たしかに今はレッズがそこそこ強いとは思いますが、
ACLの不甲斐ない戦いとかを見ていると、まだまだ不安定だと思いますし。

何しろ、暫定2位のサンフレッチェ広島との勝ち点差は5。

レッズは確かに負けなしですが、勝ち点差は意外と離れてないのが実情です。

去年から守備をしっかり固めてきたFC東京も、ちょっと数節前まで調子を落としていましたが、又復活してきています。レッズとの勝ち点差は6。

2ndステージ、間違いな戦国の様相を呈してくるでしょう。

だからJリーグは面白い。

私も、周囲の人たちに、自信を持って、Jリーグ観戦をおすすめできるのです。

マジに、Jリーグの関係者はレッズが優勝することを望んでいるらしい

でも、Jリーグの関係者は、戦国時代を望んでいない、という情報もあります。

レッズのようなお金があり、多くのファン・サポを抱えたクラブが毎年勝つことで、Jリーグが盛り上がる、と思っている人も多いらしいのです。

古いですね、感覚と考え方が。

かつての日本のプロ野球の読売モデルなのでしょうが、それをJリーグは否定してきたはずです。

確かにレッズは強い。1stステージは優勝した。
そしてレッズのファン・サポの人数も多い。

でも、世の中、盛り上がってますか?

私は正直、そんなに盛り上がって居ないと思います。
周りのJリーグのファンじゃない人に聞いてみてください。
レッズが1stステージ優勝したの知ってる?って。
知っていたとしても、それがどういう意味があるのかなんて、
多くの人がしらないでしょう。
Jリーグファンでも知らない人が多いですからね。
Jリーグの幹部も、説明できない人がいると思いますよ。

多くの日本人が盛り上がるためには、時間を掛けてもACL、そしてクラブワールドカップを取りに行かないと

レッズがいくらファン・サポが多くても、埼玉中心です。

他の地域で生まれて育った人に、レッズファンはあまりいないでしょう。
それはレッズだけではなく、他のクラブにも言えること。

私はサンフレッチェ広島のファンですが、
それは広島で生まれて育ったから。
広島にゆかりがない方がサンフのファンになることはレアケースだと思います。

Jリーグは、それはそれで仕方ないと思います。だってそういうコンセプトじゃん。

それをビッグクラブのレッズには全国区の人気を博して欲しい、なんて、Jリーグ100年構想と全然違うこと言ってるじゃないですか。

Jリーグのクラブを、全国レベルの人たちが応援する時がくるとしたら(来てもらわなければ困るのですが)、それは、ACLを、そしてクラブワールドカップを戦う時です。

だから、2ステージ制やチャンピオンシップといった愚策を打つことなく、むしろ、そちらの日本におけるステイタスを上げることに、マーケティングとプロモーションのお金を使うべきだと思うのです。

いずれにせよ、Jリーグの幹部は、マーケティングやプロモーション的な考え方や感じ方が古く、数十年前のビジネスモデルを模索していると思われるので、そのお金を、まじめにやってるクラブチームにもっともっと分配したほうがいいと思いますよ。

あ、それから分配金が貢献度によって振り分けられることに変更されましたけど、これも、大いなる愚策。 Jリーグは戦国だから面白いんだって。
本当に、Jリーグ幹部に優秀な人は、居ないのだろうか。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です