水本選手、塩谷選手、代表入り。広島の人たちに認識して欲しい、サンフレッチェ広島は凄いチームだということを

Pocket
LINEで送る

いつもこのサイトで書いているのですが、あくまでも私見ですが。
私は代表至上主義、というのは好きになれません。
代表に選ばれる選手の方が、選ばれない選手より、上位、という考え方とうか、感じ方です。
実際、日本の人たちの間では、なんとなく、そういった代表至上主義になっているような気がします。
代表選手は、代表監督の考えたや戦術に大きく影響されませう。ザッケローニ氏が監督をやっていた時は、彼の監督としての力量でしか、選手は選べないわけです(いいわるいではなく)。

とはいえ、水本裕貴選手と塩谷司選手が、代表に選ばれたことは、喜ばしいことですよね、本人にとっても、サンフレッチェ広島にとっても。

広島の人は、もっとサンフレッチェ広島を評価するべきだ

モンちゃん(水本選手)は、おそらく代表に定着するでしょうし、司(塩谷選手)も、もともと代表に選ばれるだろうと思っていましたので、何のサプライズもないのですが。
まずは、おめでとう。ということです。
その上で、チームのことを考えるといろいろあるのですが、そのあたりのことは置いておいて、
私が今回主張したいのは、
広島の人に、サンフレッチェ広島というのは、素晴らしいチームなんですよ、ということです。

リーグ戦で連覇するより、代表に選手が選ばれることのほうが、広報効果が高いのが情けないが

広島では、サンフレッチェ広島の評価は、チームの実力や魅力が十分に理解され、認められているとは言えない状況です。
今回も、代表に二人の選手が選ばれたということで、少しでもおオックの人が、広島の人がサンフレッチェ広島に興味を持ってくれるようになるといいと思います。
こんなに、地元のことを愛しているチームって、なかなかないと思いますが、地元からの愛が少ないチームも、ないんじゃないでしょうかね。
もちろん、今、サンフレッチェ広島を愛している広島の方々はいらっしゃるわけですが、もっと愛されていいと思うのです。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です