雨の中の悪夢 1対2 ラスト数分で、まさかの逆転負け 先ずは切り替えて、大宮戦で明るく楽しいサッカーの復活を

昨夜は何だったんだろう……。
前半のもどかしさ、後半感じた可能性、しかし、途中で足が止まったのか、数十分はほぼ、攻める時間はなく、多くのファン・サポが、耐えてくれ、これはまずい、と思っていたら……。
思い出したくないので、ここでやめときますが、相性も良くないのですよね、横浜F・マリノスとは……。

サンフレッチェ広島のサッカーを忘れてしまっていけないと思う。
確かに、これまで、「勝つ」サッカーをしてきました。特に前半戦。ACLの過密日程もあり、勝つ、とお言うより、勝ち点を積み重ねるサッカーといいますか……。
もちろんそれも重要だけど、それだけではない、と思いませんか?
私は、サンフレッチェ広島のサッカーは、明るくて楽しいから好きなのです。そこのところを、もう一度、考えていいと思うんですよね。

重症なのか、気持ちの問題なのか……その判断は、大宮戦で

室蘭キャンプの成果が、どういう形でゲームで発揮されるのか。サンフレッチェ広島の多くのファン・サポは胸踊らして、雨の中、エディスタに陣取り、あるいは、スカパー!の前で応援し、Twitterで#sanfrecceを注目し、サンフレッチェ広島の躍動を期待し、比較的大量の点数を取って勝利することを確信していたはずです。しかし……

あくまでも私見ですが……
私は気持ちの問題だと思います。もちろん青山敏弘キャプテンが出場しなかった、というポイントはありますが、私は、重症ではない、と感じています。
私たちも人生において、似たような経験をすることがありませんか? 何だか消極的になり、いつもの自分が出せなかったこと。昨晩のサンフレッチェ広島は、そんな感じだったと思います。あるいは、もう3連覇のプレッシャーがかかっているのか……(マジであるかもしれない)
何となく、勝ちに行ってしまった。ゲームを整えようと思った、そんな感じ。
決して、重症ではない、と思うのです。
そして、そのことを、週末の大宮戦で証明して欲しいのです。

明るく楽しいサッカーを。あまり勝ちにこだわらないで

なんか、昨晩は勝ちにこだわりすぎたんじゃないでしょうか。
前代未聞の長い休み明け。いい感じで入った先取点。そして守りに入っちゃった。気持ちのエアポケット。
私は、今、思います。サンフレッチェ広島は、明るく楽しいサッカーをすることがまず大事。
上でも書きましたが、マジで、3連覇のプレッシャーがかかり始めているのかもです。
勝つことは重要ですが、今、サンフレッチェ広島に大切なのは、紫の戦士たちこそ、サッカーを楽しんで、明るく楽しいサンフのサッカーをすることだと思うのです。
ね、そう思いません? とにかく、サンフレッチェらしい、見てて楽しい、ワクワクする、サッカー。先ずはそこ。
大宮戦以降では、それをぜひ、お願いします。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

雨の中の悪夢 1対2 ラスト数分で、まさかの逆転負け 先ずは切り替えて、大宮戦で明るく楽しいサッカーの復活を」への2件のフィードバック

  1. 吉田由美子

    前向きになれる内容ありがとうございます。
    相性→愛称、確信→革新となってしまっているのは
    平常心を保とうとされている表れかと・・・(苦笑)
    気負いはいらないので、とにかく、このメンバーのサッカーを
    ピッチで表現できる喜びを見せていただきたいと思います♪

    返信
    1. kamakura16 投稿作成者

      美子さま

      誤植、ご指摘ありがとうございます。アップした後気づいたのですが、修正してなかった……。

      さて、大宮戦ですね。これをきっかけに、これまでではないサンフレッチェに変わっていってくれることでしょう。期待!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です