今夜!7月15日  サンフレッチェ広島対横浜F・マリノス。更に進化したサンフレッチェ広島の戦いを見に行こう!

変化自在の攻撃セットプレー+しっかりディフェンスからのスルーパスorドリブル
これが今回のテーマでしょうか。
サンフレッチェ広島は、13日の天皇杯では、比較的主力を休ませ、勝つことに成功しました。一方の横浜F・マリノスも当然ながら、中村俊輔、ボンバー中澤などベテラン勢やワールドカップから帰ってきた要注意選手の斉藤学も休ませている(後半30分から出場)。当たり前ですが。

变化自在に攻めるサンフ、一瞬の隙を突くマリノス

室蘭キャンプで、前線3人(おそらく、寿人、直樹、洋次郎)を中心にした連携に磨きをかけたサンフレッチェ広島。意表ついたパス、ドリブル、多彩な攻撃を仕掛けていくことでしょう。
横浜F・マリノスは、縦パスの出処を抑え、サンフの一瞬のすきを突いて俊介がスルーパス。あるいは、昨年のアウェイでやられた齋藤学のドリブル突破、もちろんボンバーが前に出てくるセットプレイ。
サンフレッチェ広島は、今年3回めになるマリノス戦で気持よく、楽しく勝って、連勝街道を突っ走りたい所。
順当に行けば、サンフレッチェ広島の4対1で勝利、と読んでいるのですが、みなさんはいかがでしょうか。

駆けつけ割りもあるよ

平日火曜日の開催なので、駆けつけ割りもありますよ。エディスタは遠いから……と言わずに、駆けつけてくださいませ。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です