絶対に負けられない戦いが、そこにはある

「絶対に負けられない戦いが、そこにはある」というキャッチフレーズは、もうやめませんか

FIFAワールドカップは、日本にとって絶対負けられれない戦いなのでしょうか?

前から気になっていることがあるのですが、テレビ朝日の日本代表系の中継や特集をするときのキャッチフレーズ「絶対負けられない戦いが、そこにはある」、これって、私は間違っていると思うんですよ。
どうも、日本代表を歪めているような……。
確かに、サラ・ブライトマンのA Question of Honourの音楽に「絶対負けられたい戦い、そこにはある」とナレーションがのかってくると、何だか、そんな気持ちになりますが……
ああいった雰囲気作りが、多くのファンが、日本代表を冷静に見れなくしているのではないかなあ、と思ってしまうのです。


絶対に負けるんですよ、日本代表は

そもそも、絶対負けられない戦いって、何だろう。どこにそんな戦いがあるのでしょうか? サッカーは、ゲームだし、どうも、私は違和感があるのですよね、こういう煽り方が。
今回の日本代表の4年間、特に後半の2年は、何だか、ザッケローニ氏が、絶対負けられない、と思って、戦ってきたような……。
フレンドリーマッチなんか、負けるためにやるようなものですからね。できるだけアウェイで、強い相手とやって、何がダメなのかを知る、ということが重要なのですから。私の記憶の中では、ホームの緩いフレンドリーマッチが多かったような……それは絶対負けられない戦いではなく、負けるとまずい戦いでした。
絶対負けられない、と言ってもいいかな、と思える戦いは、おそらく、FIFAワールドカップアジア予選だと思います。
でも、FIFAワールドカップまで、絶対負けられない戦い、なんて言うのはどうなんですかね。ワールドカップは最終的に優勝するのは1チームですし、あとは全部負けるんですよ。日本も、優勝は可能性から言って99.99%無理だから、確率論から言っても、絶対に負けるのですよ。

絶対負けられない戦い、という言葉の持つ呪縛

あなたはどう思われますが、「これ、絶対負けられないからな」と言われる場合と、「勝ち負けは考えずに、思いっきりやろう」と言われる場合。
絶対に後者の方が、パフォーマンスがいですよね。
ある有名なプロ野球のコンディショニングコーチがラジオで言っていたことが印象に残っているのですが、
例えば。
その日登板予定のピッチャーをブルペンで見ていたら、いつもと違い低めのボールに全く威力が無かった。その時「低めは打たれるから投げるなよ」と言うと、本番でどうしても低めに投げてしまって打たれるそうなのです。
そう言わずに、「高めがいいから、それを決め球にしろ」と言うと、下手な低めのボールは、自然に少なくなるそうなのです。
絶対負けられない戦い、なんて言われると、日本代表も、その言葉に呪縛を受けてしまうのです。負けられない、なんて思ってプレイするサッカーが面白いはずが無いですよ。

絶対負けられない、なんてことは、世の中にない

「絶対負けられない戦い」。サッカーで、そんな戦いなんて無いですから。いや、人生において、絶対負けられない戦い、なんてないんですよ、きっと。
みんな負けるんです。勝ったり負けたりして、結局そこから何かを学びながら、次につなげていくんですよ。
負けることは悪いことではない。そこから学ぶことは多い。サッカーも人生も、きっとその部分においては、同じなのです。
勝ちたいけどね。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

「絶対に負けられない戦いが、そこにはある」というキャッチフレーズは、もうやめませんか」への0件のフィードバック

  1. 暇つぶしの名無しさん

    私は日本代表とかいうものが基本的に嫌いなので偏狭的なコメントになりがちですが、このキャッチは出始めた当初から本当に嫌いです。
    毎度勝てもしない、勝ちもしないのに負けられないってどの口が言うんだろう?と不思議でなりません。恥を知れという言葉はこのキャッチのためにあるのではないかと思えるほどです。
    毎回ワールドカップやらWBCの度に何処から湧いて出てくる真っ青な集団を見てると吐き気がします。その集団を後押しするためのプロパガンダフレーズは虫酸が走るのです。イベントにかこつけてバカ騒ぎしたいだけの連中と一緒になって応援しようという気には到底なれません。勝手にやって勝手に負けて、いつも通り勝手に言い訳してそれぞれのチームにとっとと帰ればいいのにと本気で思ってます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です