セレッソが まさかの1対5で敗れる。ACLの厳しい道を、誇りを持って進め。サンフレッチェ広島。


昨日、セレッソ大阪が広州恒大に1対5で敗れた。しかもホームゲームで。相手は広州恒大だし、私は、セレッソ大阪は、個人的にクリティカルな修正しなければならないポイントが有ると思っているので、厳しい戦いになるだろうと予想はしていたのですが……。

それにしても1対5というスコアは、アジア・チャンピオンズリーグ=ACLが、いかに異次元な戦いであるかを、改めて教えてくれるスコアでした。


サンフレッチェ広島は、本日ホームで、ウエスタンシドにワンダラーズ戦

リーグ戦では体験できない、異次元の戦い。Jリーグの誇りも背負いながら、アジアに打って出る戦い。
週末はまた、中2日でエスパルス戦が待っている。
ACLの戦いも異次元なら、日程全体の過密さも異次元。
昨日のリーグ戦で、0対0で引き分けて浦和レッズのペトロビッチ監督は、レッズが勝てなかったことを過密日程のせいにしているようなインタビューでしたが(事実そうなのかわかりません。ペトロビッチとポポビッチは、二人共負け惜しみ的な内容が多いような気がしますが、国民性なのか、言葉のロジック的に、どうしても言い訳的に訳されてしまう、という可能性もあるので)、ACLに参加しているクラブチームは、もっともっと激しすぎる日程を戦っているわけで。

異次元の戦いには、異次元のサンフレッチェ広島で! 私たちも異次元の応援を!

ACLは、相手チームも異次元、スケジュールも異次元(リーグ戦もですがw)、戦い自体も異次元。
しかし、私はここまで書いて、ふと思ったことがあります。

もしかして、サンフレッチェ広島も、異次元の戦いをしてきている、と。

強いチームにしか与えられない、この異次元の環境の中で、勇敢に戦い、しっかり結果を出している私たちのサンフレッチェ広島こそが、異次元のチームなのではないかと。

ならばこそ、今夜、エディオンスタジアムで、私たちは異次元の応援を見せてやろうではありませんか。
大型連休明け。19時スタート。エディオンスタジアム。
私たちのような熱烈なサンフレッチェ広島ファン・サポは、もちろんできるだけ駆けつけるわけですが、そうじゃない、ちょっとだけファン、彼らをエディスタに呼び込みましょう。ぜひ、誘って行きましょう。
意外と寒いかもしれません。帰りが遅くなるのは決まりです(エディスタですから……)。
でも、選手たちは、異次元の戦いを繰り広げてくれています。
私たちも、異次元の応援で、選手たちをバックアップしようではありませんか。
ACLは、世界へ通じる道なのですから。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です