カープ快進撃の中での、サンフレッチェ広島は……。広島に異変が……。

広島は、カープが快進撃。カープが盛り上がると、相対的に、サンフレッチェ広島の輝きが鈍る、というのが、これまでの広島な感じがします。
昨日、私は、広島市内で2台のタクシーに乗り、恒例の運転手さんへの「インタビュー」を行いました。
そこで感じたことは、嬉しい異変、でした。

広島での、サンフレッチェ広島のマインドシェアが、高くなってきた気がします

2台のタクシーに乗って運転手にインタビューした、ということは、2人にしかお伺いしていない、ということですので、統計的な意味は全くないのですが、
とはいえ、ここ数ヵ月で、数回広島に帰り、その都度、何人かの運転手さんにインタビューしてきた。だいたい10人程度でしょうか……。
となると、定性的な意味が多少出てくるのではないか、と思い、ここに、まとめておきます。

総じて言えば、
サンフレッチェ広島の地位は、高くなってきている、ということです。
特に、4月以降、カープの快進撃が続いても、サンフレッチェ広島の評価は落ちていない。
と、私は感じました。

やはり、必死で頑張ってると、間違いなく評価されてくる

カープの快進撃、はもちろん評価されています。しかし、プロ野球の場合は試合数も多く、まだこれから、という感じもありました。
さて、サンフレッチェ広島ですが……。
やはり、2連覇、ということが、大きく評価されているようです。
「2連覇しとるけえねえ、凄いよねえ」
この「凄いよねえ」というところは、まだ、他人ごとな感じなのですが。
しかし、「凄いよねえ」が、近いうちに「凄いじゃろう!」と自分事になる日は近い、と感じました。

全ての運転手が、旧広島市民球場跡地に、複合スタジアムを望んでいます

そして、それぞれの運転手さんは、早期の複合スタジアムの旧広島市民球場跡地への移転を望んでいます。
なぜ、できないのか不思議、とおっしゃっていた運転手さんもいらっしゃいあました。

まあ、10人程度への質問なので、定量的なデータではありませんが、一応、私もマーケティング的なことを社会で30年程度やってきた感覚からすると、
サンフレッチェ広島は、やっと広島に定着し始めています。
これから、広島とサンフレッチェ広島、ついにが一緒に歩み始めることになるでしょう。
なぜ、旧広島市民球場跡地へ、複合スタジアムを作らないのか、さっぱりわからない……。

特に、昨日、広島駅から紙屋町まで乗せていただいたタクシーの運転手さんは
「今度の23日は、大変な戦いなんじゃろ、応援に行きたいのう」
とおっしゃっていました。
そう、アジアチャンピオンズリーグ=ACLのセントラルコースト・マリナーズ戦のホームゲームのことなのです。
数年前まで、ACLのことなど、広島の人は、一部のコアなファンしか知らなかったと思います。
しかし、今は、ACLが重要な戦いであることを認知してきて、さらに、アジアのステージでサンフレッチェ広島が、フェアで力強い戦いをしていることを実感されてきているのです。

まず、4月23日に、エディスタにサンフレッチェ広島対セントラルコースト・マリナーズ戦に足を運びましょう。2万人以上のファン・サポを集め、グループリーグを突破しましょう。

そして、何としても、複合スタジアムを旧広島市民球場跡地へ。この運動を展開しましょう。

さらに、私たちのために、広島のために戦ってくれているサンフレッチェ広島の紫の戦士たちを、いっぱい愛していきましょう、「全力」で。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

にほんブログ村

カープ快進撃の中での、サンフレッチェ広島は……。広島に異変が……。」への2件のフィードバック

  1. sanfrepapa

    今日も広島の地方テレビ局で外国人旅行者が急増しているとのこと
    平和の象徴として複合スタジアム建設を跡地へ作ることにおおきく舵を切れる
    政治家と財界人に期待します 私たち市民も頑張りましょう
    複合スタジアムが出来れば近隣にスポーツバー等でサポーターが集う場も出来れば最高ですね
    2年に一度 PEACE トーナメントを開催して世界に発信するも良し トヨタカップ? 超理想像

    返信
    1. kamakura16 投稿作成者

      sanfrepapaさん、おっしゃるとおりだと思います。

      私も、このサイトでずっと、トリップアドバイザーからの、外国人観光客No.1の話、そして旧広島市民球場跡地への複合スタジアム建設。これは広島のために必須なのです。
      旧広島市民球場跡地の複合スタジアムは、未来への平和の象徴。また、外国人観光客へのアテンドの設備などを設けるべきなのです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です