月別アーカイブ: 2017年11月

なぜ、サンフレッチェ広島のスタジアムは、旧市民球場跡地、つまり原爆ドームの隣であるべきなのか


【今日の一言】
平和の素晴らしさを、最強でメッセージするために
それが広島のアイデンティティになる

サッカーは、世界共通の言語です。
まず、広島の人には、そこを認識して欲しい。

もちろん、サッカーならなんでも注目を集めるわけではないけど、うまくプロモートすれば、広く注目を集めることがか可能になり、メッセージを届けたりしやすくなる。それがサッカーだ。 続きを読む

サンフレッチェ広島 スタジアム問題

広島市長様 、複合型サッカースタジアムに関して、もう停滞は許されないかも


【今日の一言】
改めて思った。スタジアムは、旧市民球場跡地。ここしかない。

広島市の複合型サッカースタジアム問題。
相も変わらずのらりくらりな感じですね……。まあ、市長がサッカーが嫌いでスタジアム問題にさわりたくなさわりたくない。だから進まない、という現状なのは、皆さんご存知だと思います。それから旧市民球場跡地は、どうしてもイベント広場したい、それは一部の地元マスコミから強い要望があるから、という噂があるのも、ご存知ですよね。もちろん噂ですからね。事実ではありません。宇品が候補になったときも酷かったですね。なぜ宇品?というのはほとんどの広島関係者が強く疑問に思いましたよね。宇品、未だに候補地の一つなんですよ。これも噂レベルですが、一部の人のための利益誘導と言われていますよね。いやいや、噂ですから。事実に反したことです。
それから、いつくかの候補地をピックアップして、検討しながら取捨選択した時に、中央公園は候補から落ちたことはご存知ですよね。これは事実です。でも、今回、いつの間にか候補地に復活しているんですよ。これは不思議ですよね。なぜ、一度落ちたものが復活したのでしょうか。う~~ん。
続きを読む

サンフレッチェ広島 残留決定

サンフレッチェ広島 FC東京に2対1で勝利。J1残留を決める


【今日の一言】
残留の安堵と、少しの怒りと呆れと、そして別れの切なさ、寂しさと。

勝った。とにかく勝った。
J1の残留が決まった。
FC東京に2対1。先制するも、今年の悪い癖の油断が出て後半追いつかれる。でも、ここからまたサンフレッチェ広島はギアをもとに戻して稲垣の素晴らしいミドルで勝ち越し。そのままゲームを納めて勝ち点3。
残留争いをしていた甲府が、大宮と引き分けで、残留決定。
とにかくよかった。前節の神戸戦で、やった間に合った印象。ロペスの1トップが現状一番いい語りかな、とも思います。
稲垣、いいシュートだったなあ、まだ不用意な反則が多い気がするけど、とにかくよかった。
サポーターも素晴らしい雰囲気作りでしたね。本当によかったな。
安堵感、半端ない。
とにかく、来季に向けて、改善していきましょう。
来季は少なくとも、ACLを狙いましょう。

続きを読む

サンフレッチェ広島

明日11月26日 いろんなものがいっぱい詰まったホームのラストゲーム。行かない理由がみつからない


【今日の一言】
まさに、一戦必勝

明日11月26日、いよいよ2017年のホーム最終ゲームとなってしまった。

2012年の昨日11月24日は、サンフレッチェ広島が初優勝した日。
あの年に森保一は監督としてサンフレッチェ広島にやってきて、そして今年、去っていた。
選手も随分入れ替わった。他のスタジアムで優勝を争っていたベガルタが敗れた情報が入り、初優勝したことがわかった数秒後に、絶対エースの佐藤寿人は、膝から崩れて泣いた。
あの時のことは忘れない。
しかし、その佐藤寿人も、明日はエディオンスタジアムのピッチにはいない。

そして、あれだけ強かったサンフレッチェ広島が、今、こ降格の危機に立たされている。

サッカーとはそういうものだ。選手は入れ替わる。強かったクラブは気づいたら力を落としている。もちろんその逆もある。
続きを読む

ミキッチ

ミハエル・ミキッチ、さよならは言わない。今、伝えたいのは感謝だけだ


【今日の一言】
なぜ、さよならを言わないかは、最後で

ミキッチが広島を去る。
母国クロアチアに帰るのでもなく、引退するのでもなく。
「引退は、サンフレッチェ広島で」と嬉しいことを言ってくれていた大天使と、私たちはお別れしなければならない。。
ありがとう。本当にありがとう。
ミカがいなければ、3度の優勝はありえなかった。
Jリーグを評価し、サンフレッチェ広島を愛してくれた男が、去っていく。
続きを読む

気まぐれサッカーの神様のいたずら? 川崎フロンターレ セレッソ大阪に敗れる


【今日の一言】
残酷な結果は、次への糧となる

それにしても、キックオフ早々の1点は何だったんだろう。
フロンターレのエドゥアルドがディフェンスを誤った、ということも言えるけど、あのバウンドはないわ。エドゥアルドは責められないんじゃないかか。サッカーの神様がいたずらをしたとしか思えない。
ただ、あの棚ぼたチャンスをきっちり決めたセレッソの杉本はやはり素晴らしいけど。

その後は、ボールを保持して攻撃を仕掛ける川崎とブロックを作り守りカウンターを仕掛けるセレッソ、という構図。
結局耐え忍んだセレッソが、終了間際に発動したカウンターでソウザがダメ押しの1点。フロンターレは万事休す。
ゲームの質とか戦い方に関しては、まあ、いろいろあるのでしょうが、
私は専門家ではないので、そのあたりは触れないことにして。 続きを読む