月別アーカイブ: 2016年3月

サンフレッチェ広島誕生と存続の経緯を、ぜひ知ってほしい。Jリーグに参加してくれ、とつよう要望を出したのは、誰でもない、行政サイドなのだ

Pocket
LINEで送る

まず、サンフレッチェ広島の、いろんなところから押し付けられた歴史を知ってほしい。

さる3月3日、久保会長のスタジアムに関する会見に関して、特に「採算がどうやっても合わない宇品にスタジアムが建設される場合、サンフレッチェ広島としてはフランチャイズとしては使用しない」と話したことに関して、「我儘を言うな」とか「行政の意見に従うのが当たり前」とか、あるいは県や市の行政の一部には「じゃあもう作らないよ」とか「球場跡地に作ったら久保会長の脅しに屈したことになる」とかの意見が出ているという。

また、サンフレッチェ広島という一私企業のために、なぜ広島県や広島市が税金を使わなければならないのか、という意見も一部ある。

このような反論や意見を、あるいは民主主義のルールを根本から覆すようなことを言う前に、次の事実を知ってほしい。
サンフレッチェ広島は、創設の経緯から、行政を含めたいろんな力から、ある種の理不尽な押し付けをされてきたことを。


久保会長からのメッセージ「 3/23 広島県・広島市からの反応と今後の進め方について」
続きを読む

Pocket
LINEで送る

風の吹かないところに風車を作る人はいない。今のビッグアーチは……

Pocket
LINEで送る

CARPは開幕戦から大入り。
一方のサンフレッチェ広島は、18,120人。確かに雨に降られました。しかも相当な雨でした。思えば18,000人もよく入ったなあとも思うのですが。

CARPとサンフレッチェ広島の観客の入りから、次のように考える人もいるはずです。
「サンフレッチェ広島は、跡地にスタジアムを、と言っとるけど、お客さんが入っとらんじゃないか。もっと人気アップして今のところで集客できるようになってからにせいや」と。

確かに、今、CARPの人気は絶頂ですね。広島の多くの人にとってCARPはとても大切な存在で生活の一部になっているのでしょう。サンフレッチェ広島は、まだその域には達していません。

しかし、です。
Jリーグが、またサッカーが、日本の各地域において、大切な存在になってきているのも事実です。
J1に18クラブ、J2に22クラブ、J3に16クラブ。合計56クラブ。さらにその下にJリーグへの加盟を目指すクラブがあり。
これは間違いなく、日本のスポーツシーン、地域の活性化の重要なエンジンの一つになっていくはずです。
それは、広島とて例外ではありません。いかにCARPに人気があろうとも。

だから、サッカースタジアムも、遠くではなく、行きやすいところに作ったほうが良いと思うのですよね。 続きを読む

Pocket
LINEで送る

蘇った美しく、楽しく、センチメンタルなサッカー……対大宮戦 1対5で勝利

Pocket
LINEで送る

1週間ほど前の話になるので書くのをやめようかとおもたんだけど、でも書きたいから書こう。
3月20日の大宮戦のことだ。

大宮アルディージャコレオ

⇐(ゲーム開始前の大宮サポスタンド。美しいコレオ。
しかし結果は……。)

実は会社の同僚に大宮に住む大宮ファンがいる。
大宮は、3節を終わって2勝1敗、勝点6。サンフレッチェ広島は、0勝1敗2分けで勝ち点2。
大宮はJ1昇格の勢いにそのまま乗ってきた。
一方サンフレッチェ広島は、昨年の12月にピークを持って行ったため、なかなか調子が上がらない。またピーター・ウタカもイマイチのフィット。
でも僕は、実は全く心配していない。調子は遅くとも5月には上がってくるだろうし、ウタカのフィットももうすぐだ。つまりサンフレッチェ広島が勝ち始めるのは時間の問題なんだ。

で、まだゲーム前の週、大宮ファンの同僚に会社で話すことがあり、ついでに週末の大宮対広島の話題になった。その時彼が私に言った。「次で広島、負けるようなことがあると、マジ降格候補ですよ……」
ハア??????
何言ってんの??????

いや、大宮をディスるつもりは全く無いです。
が、まあ、この同僚の発言に対しては怒るつもりにもならないですが……^^; 続きを読む

Pocket
LINEで送る