月別アーカイブ: 2015年6月

サンフレッチェ広島、鳥栖に1対1で引き分ける。東城穣主審は明らかにダメだけど、サンフもダメだった

負けていても、おかしくないゲームでしたね。

東城穣(とうじょうみのる)のジャッジも酷かったが(特に後半のロスタイム)、正直、サンフレッチェ広島の戦い方も疑問の残るものでした。

東城穣の疑惑のロスタイムは、もちろん大問題だが(これが問題化されないのが、今の、いかずっとこれまでもだけどJリーグのダメな所なのですが)、
昨夜のゲームで、サンフレッチェ広島が勝つのは、私は、今後のセカンドステージにいい影響を与えないと思ったので、かと言って勝ち点0はいやなので、まあ、あれで良かったのではないか、と思っているのです。
続きを読む

Jリーグ百年構想

どうやらマジで、Jリーグ関係者はレッズが優勝することを「いいこと」とおもっているらしい(この文章はレッズをディスるものではありません)

Jリーグが面白いのは、
「戦国時代だから」と私は思っています。
たしかに今はレッズがそこそこ強いとは思いますが、
ACLの不甲斐ない戦いとかを見ていると、まだまだ不安定だと思いますし。

何しろ、暫定2位のサンフレッチェ広島との勝ち点差は5。

レッズは確かに負けなしですが、勝ち点差は意外と離れてないのが実情です。

去年から守備をしっかり固めてきたFC東京も、ちょっと数節前まで調子を落としていましたが、又復活してきています。レッズとの勝ち点差は6。

2ndステージ、間違いな戦国の様相を呈してくるでしょう。

だからJリーグは面白い。

私も、周囲の人たちに、自信を持って、Jリーグ観戦をおすすめできるのです。
続きを読む

盛り上がらない浦和レッズ1stステージ優勝 やはり2ステージ制は愚策なり

盛り上がらない。
レッズの1stステージ優勝。

盛り上がらないのはレッズに責任があるわけではない。
やはり、この制度自体の問題ですよ、2ステージ制の。

村井チェアマンが、レッズの1stステージ優勝の表彰にピッチに現れた時、レッズサポから大ブーイング。当然でしょう。
(このブーイングを報じていたテレビ局とかありました? まあ、テレビはジャーナリズムを捨てていますからね、大きな組織の広報ですから)

で、2ステージ制のことがよくわからない、という方も多いと思いますが、この動画(サッカーキングさん制作の)がとてもわかりやすいので、リンクを貼っておきます。これ、お勧めです。


続きを読む

佐藤寿人

ストライカーとはこういうものだ。佐藤寿人選手200ゴール記念ハットトリック!!!

今日の山形戦で、佐藤寿人選手のJ1J2通算200ゴールが決まる予感はプンプンしていましたが。
しかしハットトリックまでとは……。
グレイト。佐藤寿人。進化するレジェンド。

今日のハットトリックの3ゴールも、全て必然。
それぞれが方程式を解くような素晴らしいゴールでした。

予感は、ファーストシュートからあった

ゲームの比較的早めのほうで、寿人に長めのパスが通り、それを左回し蹴りの感じでミドルシュートを打ったシーンが有りました。
ボールはキーパー山岸の正面をついてしまったのですが、これが200ゴールの予行演習。
200ゴール目は美しいシュートでした。
続きを読む

通算200ゴール

佐藤寿人が好きなんだーーー、大好きなんだーーー!!! 決めろJ1・J2通算200ゴール みんなエディスタで歴史の証人になろう

誰が何と言おうと、寿人が好きだ。

変な話だけど、私は、中学2年生の頃から、社会人になるくらいまで、どうやったら異性にもてるか、ということばかりを考えていたような気がする。
そして付き合った女性のことはもちろん、全員覚えている。

こんなことと比較するのは、本当にごめんなさい、と思うのですが、それでも書き始めたので許してもらいます。

佐藤寿人選手は、四六時中、どうやったらゴールが奪えるかばかり考えている。
そして、自分が決めた全てのゴールを覚えている……。

当時の私は、女子にモテることばかりを考えていた変態だったが、
寿人選手は、ゴールをゲットすることばかりを考えている天才だ。
(もちろんそのためのトレーニングも半端ないのは、皆さんもご存知でしょうが)
続きを読む

佐藤寿人

「KAT-TUNの世界一タメになる旅!」で佐藤寿人登場。中丸雄一の喜びようが半端無かった

このプログラムで、私が、このプログラムが、サンフレッチェ広島似とってよかったなあ、と感じたのは
KAT-TUNのゆっちこと中丸雄一の喜びようが半端無かった瞬間。

それは、アポ無しで(このアポ無しに関しては、あとで触れますが)ゲーム前日のエディオンスタジアムを訪れ、佐藤寿人に会えた時。
ゆっちは、「パスの交歓をしてくれないか」と寿人にお願い。
寿人が「いいですよ」と答えた瞬間、
ゆっちは何回も飛び上がって大喜び。

KAT-TUNの他のメンバーも呆れるほどの、中丸雄一さんの喜びよう。それは寿人の凄さを伝えてくれた

もちろん私たちは、寿人選手が、日本を代表するスーパーストライカーであり、特別な選手であることは、よ~~~~く知っているのですが、
KAT-TUNのファンの人はあまりしならないんじゃないかなあ、と思うのです。 続きを読む

2ステージ制、今のところ盛り上がらず。チャンピオンシップも真の強者を決める戦いにあらず

Jリーグ、1stステージが大詰めを迎えています。レッズの優勝は間違いないでしょうね。
しかし、サンフレッチェ広島のファンとしては、とりあえず、勝手に走ってくださいレッズさん、と言う感じです。

なぜなら、34節が終わった時、勝ち点が一番多いクラブが真の強者なのだから。

もちろん、レッズは今、最も勝ち点が多く、現段階では一番強いチームです。しかし、シーズンを通じて、最強かどうかは、まだわかりません。
もちろんレッズだって、実際、勝負は34節が終わった時の勝ち点だと思っているでしょう。
いや、レッズだけではなく、どこのクラブチームもそう思っているはず。

つまり、各クラブが意識しているかどうかは別として、
「34節終わった時点で、勝ち点が最も多いチームが、そのシーズン1番強いチームである」と、思っているからだと思うのです。
そうです。2ステージ制になろうが、チャンピオンシップがあろうが、最も賞賛されるべきチームは、34節戦った結果、最も強かったチームなのです。
続きを読む

昨夜の対イラク代表戦。イラクちょっと酷すぎませんでしたか?

日本代表のゲームには余り興味が無いので、昨夜の代表戦もテレビ参戦はせず、スポーツニュース等でざっくりと見たのですが……。

イラクは何をしに日本に来たのだろう、というのが、率直な感想です。

私はいちサッカーファンなので、正直、テクニカルなことはわからない所も多いのですが、昨夜のゲームを見る限り、
日本代表の攻撃が凄かった、というよろ、イラクの守備がボロボロだった、と言う印象です。
続きを読む

柏レイソル戦日立台

初体験!! いつもの現地参戦より、10倍のエクスタシーのレイソル戦。なぜなら観客席からピッチまで近いから

2対3の逆転勝利、寿人選手の計算しつくされた幾つもの動きが複合された、しかしシンプルなゴール……そりゃ、ぶち楽しい要素はたくさんありましたが。

それとは別に、これまでの現地参戦とは全く違う感覚で、我を忘れて楽しみました。

なぜか。

そうです。スタジアムが日立台だからです。(初めての日立台だったのです)

とにかく、ピッチが近い。
紫の戦士たちが、目の前で躍動している。

それがこれほど、エキサイティングな感覚を呼び覚ましてくれるとは。

特に印象に残ったのは、塩谷司のクリスティアーノとのマッチアップ。
続きを読む

柏レイソル戦日立台

レイソルに2対3で逆転勝利。課題も見えたけど、楽しいサッカーができた。そして寿人のゴールは芸術品

レイソル戦は、いつもスリリングなゲームになる印象があるのです。
ある程度得点が入り、どちらに勝ち点がどれだけ入るのか、わからない展開……。そりゃ、イーブンな気持ちで見るとめっちゃ楽しいのでしょうが、サンフレッチェ広島に肩入れして見るわけですから、90分間はドキドキしぱなしなわけで。
昨日のゲームも、やはりそんな展開になりました。
最後は勝ったので、最高に気持ちよかったですけどね。

寿人は、さらに進化している

昨日の柏戦、やっぱり寿人がゴールを決めてくれました。
前半35分。1点ビハインドの中、右サイドのミカから、ふわりとクロス。
寿人が、これを、しっかりレイソルゴールの左(寿人から見て)に決めてくれました。

この寿人のゴールがまた、凄い。

レイソルの最終ラインとデリケートな駆け引きをしながら、ミカの 続きを読む

レイソル戦、現地へ。今日こそ、寿人のゴールが見れるはず……レイソルサポからの手紙(LINEだけど)

サンフレッチェ広島は、本日、日立台柏サッカー上に乗り込んでアウェイの戦い。
1stステージは、本日の柏戦を含めて3ゲーム。

正直、1stステージ優勝は厳しいが、
私たちは、どんな状況だろが、1戦必勝。
今日も、しっかり勝って、勝ち点を30に乗せ、最終的にはチャンピオンシップ優勝をゲットしましょう。

現地参戦を、レイソルサポに伝えると、次のような手紙(LINEですが)がきました

『広島は高萩選手が抜けたけど、若手が点を取ってますね。おまけに寿人にはからきし弱い』
とのこと。
続きを読む

中四国地方地図

広島の近隣に、多くのクラブチームがある。これが将来すごい可能性になるはず

広島で暮らしていると、ちょっと気づきにくいのですが。
やっぱりカープという大きな存在があって、プロ野球の感覚に慣れちゃってますからね。

で、何が気づきにくいか、というと、広島の近隣に、Jリーグのクラブがたくさんある、ということです。 (実は私も、本日FacebookのM氏の投稿を読んで、気づいたのですが……Mさん、ありがとうございます)

広島の東には、ファジアーノ岡山。西にはレノファ山口FC。

岡山はJ2。山口はJ3。まだ、そえぞれが対戦したことは、リーグ戦においては一度もないのですね……。

でも、いずれ、そういう時が来ます。

サンフレッチェ広島が岡山に行き、ファジアーノと戦う。山口に行き、レノファと戦う。もちろん彼らがホームに来ることもある。
岡山と山口の戦いの結果が、サンフレッチェの優勝に大きく影響するとか。
岡山や山口が、サンフレッチェの優勝を援護する戦いをしてくれるとか。
きっと、いろいろあるでしょう。

いつになるかわかりません。
数年後? 10数年後? 続きを読む