月別アーカイブ: 2015年5月

サンフレッチェ広島対湘南ベルマーレ

湘南は強かった。それよりサンフレッチェは強かった。しかし、引き分けだった

湘南は強い。

90分間絶え間なく、高い位置でサンフレッチェ広島の前線にプレスをかけ続ける。
サンフレッチェ広島のPA付近では、まるで20人位湘南ベルマーレの選手がいるんじゃないかとおもうくらい、ボール保持者も走る、たくさんの他の選手も走る。

少年忍者サスケをご存じの方は、分身四つ身の術、というのをご存知かと思っいますが、マジに、そんな感じでした。
サスケ

それでも、チャンスが多かったのは、サンフレッチェ広島。
勝つチャンスが多いのは、サンフレッチェ広島でした。

勝ちきれなかったのは残念です。1stステージ優勝のチャンスは、ほとんどなくなりました。
でも、進化しなければいけないポイントはまた、紫の戦士には実感できたはずですし、さらに1戦必勝の精度は高まっていくでしょう。
続きを読む

スタメン総入れ替えで、ファンは更に応援する……思えば、サンフレッチェ広島って不思議で凄い

ふと気づいたのです。
ここのところのナビスコカップ。サンフレッチェ広島はターンオーバー。先発メンバー全部入れ替えていますよね。
思えばこれ、凄いことだと思うのです。

例えば、カープで強引に比べてみると。
次の日に、スターティングメンバー9人が全員入れ替わる、ということはあり得ないと思うのです。
もし、やったとしたら……。
きっとファンは満足できないでしょうし、ゲームも勝負にならないんじゃないかなあ……。
もちろん、これは当たり前の話。こんなこと比べてもしょうが無いです。
スポーツが違うのですからね。 続きを読む

悔しくて、可能性がほんの少し残り、それ以上に可能性を感じた……ナビスコカップ予選第6節 サンフレッチェ広島対東京戦

悔しい。
この夜の紫の戦士たちは、本当に悔しかっただろう。
一夜明けた今も、きっと悔しいに違いない。

勝ち点3がぜったいに欲しかったゲーム。
しかし、現実は、アディショナルタイムで追いつかれ、勝ち点1になってしまったゲーム。 続きを読む

ナビスコカップ

引き分け以下は許されない。サンフレッチェ広島の真価が問われる時……ナビスコカップ 東京戦

カップにてが届いたかに見えた昨年のヤマザキナビスコカップ。しかし私たちが、埼玉スタジアムでゲーム終了を迎えた時、手にしたのは優勝ではなく、準優勝でした。
今年こそ優勝を、との思いを強くして臨んだグループリーグ(予選リーグ)、しかし、今あるのは、敗退の危機なのです。

今夜のFC東京戦は、勝ち以外の結果はありえない

現在グループリーグ4位のサンフレッチェ広島。
全6節のうちの今夜が5節目。今日、勝ち点3を取ることができなければ、ほぼ、予選突破がなくなってしまう。

今夜の相手は、ヤマザキナビスコカップのAグループ首位のFC東京。
リーグ戦ではここのところ、調子を落としているけど、もちろん決して侮れる相手ではない。
続きを読む

ハリルホジッチから、Jリーグに素晴らしい影響を与えてくれている

日本サッカー協会のスマッシュヒットは、代表監督としてハリルホジッチ氏を招聘したことでしょう。
偶然とはいえ、今回だけは、「持っていた」ということでしょうね。

今野泰幸選手のインタビューを聞いて確信しました

今野泰幸選手がジェイフットボールで、ハリルホジッチ監督に関してインタビューを受けていました。
今野泰幸選手は、ジーコ日本代表監督から、歴代の監督に招聘されています。
彼が、今、ハリルホジッチ監督に対して、感じていることが、
素人私が、感じていたことと、まさに一致していたので(ちょっと偉そうなこと言ってすんません)少しだけ書かせていただきます。
続きを読む

怒ってないのかなあ? カープのファンは。カープに、そして広島のマスコミに

先週末は、仕事の都合で広島にいたのですが、とにかく、金・土・日とカープのゲームがあり、金曜日は夜、土日は昼、カープのユニフォームなどを着てズームズームスタジアムヘ向かう人達が、とにかくたくさんいらっしゃいました。

カープ人気、すげー、と圧倒されました。

しかし、ゲーム内容はどうだったのでしょうか?
金曜日の黒田先発のゲームこそ勝利しましたが、土日はシーソーゲームで最終的には敗戦。
何かこんなシーンを今シーズンはよく見ます。
続きを読む

勝つには勝ったが……4対2でサンフレッチェ広島、新潟から勝ち点3をゲット

なかなか評価しづらいゲームでしたね。
とにかく、4対2で勝ち点3をゲットできたのはよかった。
けど、新潟のチーム状況を考えると、少なくとも得失点差3点以上欲しかった。

塩谷、ドゥグラス、浅野、塩谷

塩谷司が帰ってきた、という印象でしょうか。
少しここのところ悩んでいた感じ。
ドゥグラスは、フィットしてきたなあ。
ドグちゃんのヘディングは、寿人がディフェンスを引きつけていた、ということもありますが、やはり高さの勝利。
そして、浅野。
世に言う、ごっちゃんゴールでも、決めることが大事です。
そしてよく決めました。
わたし的には、というか皆さんもそうでしょうが、
浅野が1ゲームのうち1回は見せる縦への突破。そのまま決めてくれると、最高に嬉しい。昨夜も、少なくとも1度、そんなチャンスが有りましたよね。
続きを読む

もっと、Jリーグを盛り上げるには、どうすればいいんだろうか?  決算発表を眺めながら……

昨日、22時頃、広島に帰省した友人から「広島駅がカープユニを着た人たちでいっぱいだ」とLINEが入ってきた。

私も何度か遭遇したことがある。ズームズームでカープのゲームが有る日は、広島駅がカープのユニを着た人でごった返すのだ。
市民球場が今の位置に移転してからの、新しい広島の風情になった。

野球のことはよくわからないけど、カープは球団は結構儲かっている、というか健全経営なんですよね。
どうしてここまで、カープが盛り上がっているのかは、正直よくわからないのですが、とにかく、いいことだとは思うのです。

ヤクルト戦で、赤いビニル傘で応援するのはどうかと思うけど。
続きを読む

明日の新潟戦、気合入れますよ、でも……もう1stステージが終わっていく……レッズと実質勝ち点7差

まだ、時期尚早だけど……2ステージ制って、面白い?

明日の5月23日の、サンフレッチェ広島 対 アルビレックス新潟戦。
これが13節なのですね。
1stステージは、全部で17節。
新潟戦を入れてあと5節。
この状態で、サンフレッチェ広島は、首位のレッズに勝ち点差4の3位。
しかも、首位のレッズと2位のガンバは、1節ほど、戦っていないので、可能性としてはさらに勝ち点3を積み上げられることを考えなければいけません。
続きを読む

みっともない残念な戦い。1対0で、サガン鳥栖勝利。広島は勝ち点を取れず

勝たなければいけない戦い。

森保監督からは、先発メンバーに、明らかに勝ってこい、というメッセージ。

そして、キックオフから時間が経過しても、監督からは、お前らで決めろ、だから、できるだけピッチにいる時間を長くしてやるから、という気持ちが発信されいたような気がします。

しかし、
得点できませんでした。

敢えて言わせていただくと。
今日のサンフレッチェ広島は、みっともない戦いでした。
続きを読む

ヤマザキナビスコカップ

1クラブで2度美味しいヤマザキナビスコカップ。本日20日、広島は鳥栖戦です

1粒で2度おいしい。
これは、ご存知、アーモンドグリコキャラメルの商品のキャッチフレーズですが、
ヤマザキナビスコは、1クラブで2度おいしい。ということになるのでしょう。

今日、5月20日はヤマザキナビスコカップの第5節。

私たちサンフレッチェ広島は、ベストアメニティスタジアムで19時から、サガン鳥栖と戦います。

ヤマザキナビスコカップが面白いのは……

ヤマザキナビスコカップが面白いのは、リーグ戦では見られないクラブチームの顔を見ることができるから。
特にベストメンバー規定が変わった(J1)昨年からは、その面白さは倍増している、と思うのですね。
前節の松本山雅戦もそうでした。
あの時は、全リーグ戦のメンバーから、先発が総入れ替えしたんでしたよね?(ちょっと記憶が定かで無いのですが……)

そして、そのメンバー全員が、リーグ戦の先発メンバーに勝るとも劣らない活躍をした。
続きを読む

SPLASH

「ときめいてハットトリック」の復活は嬉しい、そしてぜひ「サンフレッチェ・アンセム」も!!

とにかく、暮らしを紫色に、と思うのはサンフレッチェ広島のファン・サポの常。

で、音楽も。

サンフレッチェ広島のJリーグ開幕当時の応援ソング「ときめいてハットトリック(ときめいてハットトリック-GET HAT TRICK-)というのがありまして、
それを、現在、サンフレッチェレディースを務めているSPL∞ASHがカバーしてCDを発売しています。


サンフレッチェレディース【SPL∞ASH】が歌うサンフレッチェ広島応援ソング『ときめいてハットトリック


これは私だけの感想かもしれません。
が、この歌詞を聴くと、やっぱり絶対エース佐藤寿人のことをイメージします。
ハットトリック。 続きを読む