月別アーカイブ: 2015年3月

佐藤寿人

黒田投手もレジェンドだが、もう一人。広島には佐藤寿人がいる

黒田投手が、今、漢として日本で注目を集めている。もちろん広島ではもう、フィーバーを通り越している。凄い。

でも、広島には、少なくとももう一人、広島人が心から愛すべき人物がいる。
その人物は、漢、という表現は似合わないかも知れません。
でも、広島が大好きで、広島のために戦っている人物。

その名、進化するレジェンド=佐藤寿人。
続きを読む

旧広島市民球場跡地

なぜ広島市は密室で複合型サッカースタジアムの場所を決めようとするのか?

私は、何が何でもたち=サンフレッチェ広島のホームスタジアムになる複合型サッカースタジアムを、旧広島市民球場跡地に作れ、と主張しているわけではありません。

もちろん、そうなると嬉しですが。

私が主張しているのは、
もっと情報をオープンにして、しっかり議論をしてほい。
ということです。

公正なリサーチを行い、アナライズし、広島市民のための、ベストな方向に進んで欲しい。

旧広島市民球場跡地の活用法は、当然のことながら、広島市民の関心ごとですし、何より、その活用法は、今後100年の広島市の経済に大きく影響を及ぼすでしょう。

だから、松井広島市長(現)、広島市、経済界の皆さん、正々堂々と、市民にオープンな形で議論して欲しいのです。
続きを読む

カープ

カープの経済効果が256億円? 経済効果って何? ムードだけの記事にうんざり。

3月25日付の中国新聞によると、

2015年の広島東洋カープの経済効果は
広島県内で256億円と、過去最高であることを中国電力エネルギア総合研究所が発表したそうです。
但し、日本シリーズで優勝したら、とい。うことらしいけど。

これ読んで、みんな凄いなあ、と思うのでしょうかね?


私は、この記事の内容は、相当酷いと思うのです。

いや、カープに対してネガティブなのではありません。
この記事、です。 続きを読む

サンフレッチェ広島とカープ

アウェイのみなさんに、お願いします。もっともっとサンフレッチェ広島って凄い、って広島の人に伝えてください

J論で中野和也さんも書いていらしゃいました。
「広島には何でもある」
だから、サンフレッチェ広島の価値に気づかない人が多い、と。

中野和也さんは、プロフェッショナルのライターだから、見事に、広島人気質を傷つけず、もっとサンフレッチェ広島を応援してほしいことをアピールしていらっしゃいます。
流石です。

一方で私は素人のブロガーなので、率直に書かせていただきますね。

やっぱり広島の人は、サンフレッチェ広島の大切さ、素晴らしさに気づいていない。
スーパースター佐藤寿人を筆頭に、紫の戦士は広島のために戦っているのに。
クオリティの高いゲームを展開しているのに。
Jリーグのファン・サポから認められているのに……。

本来なら、もっともっと人気があっていいはず。
大切にされていいはず。 続きを読む

広島市

サンフレッチェは、果たして飼い殺されるのか……Jリーグ、サッカーのポテンシャルを活かせ

サンフレッチェ広島 対 浦和レッズ (3月22日) は、0対0で引分け。勝点1を分けあった。

昨日も速報らで書いたけど、勝てたゲーム。
あとは、若手のブレイクだけ。

そして、このゲームにおいで、私は2つの可能性を感じました。

それは、サンフレッチェ広島の、さらなる進化の可能性。
もうひとつは、サンフレッチェ広島の、というか、Jリーグを活かした広島市の街づくりの可能性です。

前者は、とにかく若手のブレイク、そして一人ひとりのゲームの中でのプレイのクオリティを上げていく、ということだけど、

今日、少し話したいのは、後者の話。
続きを読む

【速報】サンフレッチェ広島、浦和レッズと0対0に引き分け。観客は2万6千人。勝ちたかった

本日のサンフレッチェ広島浦和レッズ
0対0での引き分け。
それぞれ勝ち点1を分けあいました。

3対1くらいで勝てるゲームでしたし、勝たなければいけないゲームでした。

2万6千人ものファン・サポが来てくれたのに……。

チャンスは確実にモノにしなければならない。

茶島、惜しかった。

ここ数ゲーム、浅野もそう、今日の茶島もそ。

チャンスは、決めてくれ。

いや、これからは決めてくれると信じてる。 続きを読む

サンフレッチェ広島対浦和レッズ

浦和レッズを迎え撃て‼︎ 広島の力を結集。22日はエディスタへ。天気は晴れ、気温も高い。

浦和レッズがやって来る。

サンフレッズとも呼ばれる、あの浦和レッズが。

しかも、レッズもサンフレッチェも、2勝勝ち点3同士。堂々の首位決戦。

私たちのエディオンスタジアムのピッチに、元は一緒にひろしまナイトを歌った、しかし今は、赤いユニフォームを着た選手達が、上がる。

負けるわけにはいかない。

引き分けもない。

勝つのは、私たち。私たちは勝つ。

広島をを愛する紫の戦士たちは、
広島に住んでいる、広島に関わる人たちのために、
勝利を掴んでくれるはず。

だから、私たちも、紫の戦士たちを後押ししよう。
ともに戦おう。 続きを読む

藻谷浩介

サンフレッチェ広島の戦士たちの、広島愛。だから私もサンフレッチェ広島が好きなんだ。サンフレッチェ広島は里山資本主義

昨日、私のふるさと=広島県廿日市市のさくらピアに、藻谷浩介さんをお呼びして、講演会とパネルディスカッションを行った。

主催は、広域連携グローカルリンク広島西・山口東。
(自治体の枠を超え、議員、民間企業、NPO、市民、行政などのセクターが集まり、広域行政の低減をしようとする団体なのですが、広島や山口の将来を考えるグループ。)

会場は平日の夜にもかかわらず、約200名の方にお集まりいただき、大いに盛り上がった。

日本のほとんどの地域で、就業人口が減少し、高齢者が増えていく。
さあ、どうする……。

という問題にしっかり取り組もう、という方々の集まり。

そして、藻谷浩介さんを中心に、昨夜、出された一つの方向性は、

「地元産の原材料のものを、あるいはそれが含まれているものを、少しでも使う、買う」ということだった。

今、消費しているものの1%でも、地元産のものを使用すれば、
事実、雇用が増える、若者が増える。つまり経済が回っていく……。

さらに、域外の方が旅行で訪れてくれて、地元産の原材料のものを買っていただくのも、素晴らしい経済効果をもたらす、ということだった。
続きを読む

青山敏弘

代表メンバーに、水本、青山。それから高萩も。バックアップに千葉、塩谷 選手。ホント、広島の宝なのに……

ハリルホジッチ監督が日本代表メンバーを発表した。

私のような素人の意見など、どうでもいいのだが、納得できる選手と、疑問の選手がいた。
特に海外組、どうなの? とも思うが……。

時間がなかったんだな、という印象の人選。

まあ、いいや。

基本、私は代表戦にはあまり興味がなく、Jリーグのほうが大事なので。
続きを読む

松本山雅対サンフレッチェ広島

松本山雅に教えられた。スタジアムは、地元のファン・サポで3分の2、アウェイサポで3分の1がベスト(私の意見ですがw)

前節の 松本山雅 対 サンフレッチェ広島は、私は残念ながら現地アルウィンスタジアムでの参戦はかなわず、東京でスカパーでの参戦になってしまった。

現地のサンフサポの情報によると、とにかく寒かった、ということだったけど、松本山雅のサポーターの応援に圧倒され、感動した、という話が多かった。

そして、私が一番衝撃を受けたのは、「松本山雅現地サポによる、アウェイの広島サポへの歓迎」なのだ。

地元の人で、アウェイから来た人をもてなす、という発想の根源

これは凄い、と感じた。
この1点に於いても、松本山雅は、現在、Jリーグで最も進んだクラブチームと言っていいのではないか。 続きを読む

サンフレッチェ広島対浦和レッズ

早くも浦和レッズとの天王山。黒田投手登板予定のオープン戦もあるけど、3月22日は広島の人ならエディスタでしょう

3月22日。Jリーグ ディビジョン1は、第3節にして、早くも大きな山場を迎える。
サンフレッチェ広島浦和レッドダイアモンズ

プロレス的な言い方をさせて頂けば、
まさに、因縁の対決。

サンフレッチェ広島で活躍した選手を、抜くは抜くは。
柏木、槙野、森安、李忠成、西川周作、そして石原直樹。言わずもがな、監督のペトロビッチ。
レギュラーの6人、監督を入れると7人が、元サンフレッチェ広島。

図らずも、レッズサポから、「もはや、浦和レッズではない。サンフレッズだ」と自虐的な言葉も発せられるほど。

だから、レッズに、負けるわけにはいかないのだ。

かつては、自分のことをミスターサンフレッチェと自分で呼んでいた人もいる。広島ナイトが一番好きな歌だ、とか公言していた人もいる。でも、今は、We are reds とか歌ってる。

だから、負けるわけにはいかないのだ。 続きを読む

佐藤寿人

例えば、佐藤寿人は、広島の宝であり誇り。それに気づかない広島の人がいる。広島の活性化に活かしましょうよ。

「佐藤寿人がプレイするところを、自分たちのスタジアムで生で見らるなんて、夢にみたいです」

これは、一昨日のアルウィンスタジアムでの、松本山雅 対 サンフレッチェ広島 のキックオフの前の、ある松本山雅のサポーターの発言。

松本山雅に関わる方々は、地域密着のJリーグのクラブチームが地元にあることが、どれだけ素晴らしいか、ということが、よくわかっている。
そんな方々の1人が発した言葉。

そう、佐藤寿人は、スーパースターなのです。

残念ながら、記念すべきアルウィンスタジアムでの一戦では、寿人のスーパーゴールは炸裂しませんでしたが、
もし、寿人が得点をしていたとしても、
もちろん松本山雅の方々は悔しがったでしょうが、それと同時に

「寿人のゴールを見ることが出来た!!」という喜びも大きかったはずです。

例えば佐藤寿人選手1人にしても、明らかに松本山雅のサポーターにとっても、自分の目の前でプレイしてくれる、ということが幸せなのです。
続きを読む