月別アーカイブ: 2014年7月

Jリーグオヤジたちの、暑気払い  Jリーグとは、サッカーとは。原点に立ち返る飲み会?

今年の夏も、暑いですね。
朝起きて、外にでると……かつて東南アジアの国々を訪ねた時の感覚を思い出します。
夏に限れば、日本は亜熱帯になったのではないか、と思えるほどですね。
ということで、来週、私を含め3人で暑気払いをすることになったのですが、私を除く2人は、既に会社をリタイアしたオヤジ。でも、3人の暑気払いの話の内容、これもきっと熱くなる。なぜなら、3人とも、Jリーグファンだからです。

続きを読む

ACL(2015年度)の日本出場枠削減。しかも2月に予選が……最悪だ

問題山積みです。
とにかく、よくわからないルールの変更で、JリーグのACL枠が2.5になる公算が強いみたいです。
しかし、やられっぱなしですね、アジアサッカー連盟に。あの審判の酷さなどもやられっぱなし。
私は、かねてから、FIFAワールドカップ<クラブワールドカップ という考え方で、ACLを指示させていただいてましたが、なんだかもう、厳しい感じですね……。
続きを読む

拝啓 松井一實広島市長様、キックインセレモニー、やらなくて結構です。遅刻して頂いても構いませんので、ゲーム終了5分前にビーッグアーチに来ていただけませんか。

先日の柏レイソル戦、5対2で久しぶりにサンフレッチェ広島が勝利しました。
このゲームには、松井市長と湯浅県知事に観戦していただいたそうですね。キックインセレモニーまでやっていただいたみたいです。
お忙しいのに、ありがとうございます。お忙しいので、ゲーム終了直前にお帰りになったそうですね。
そういえば、昨年のゲーム観戦は、会誌から25分位で、お弁当を食べたらお帰りになったそうですね。本当にお忙しい。
であれば、ゲームスタート時に来たいただかなくても結構です。
むしろ、ゲーム終了5分前にビッグアーチに来て頂いて、帰りの渋滞を経験していただきたいのです。
続きを読む

甲府のカテナチオに、何も出来ず。悔しくて歯がゆい夏の夜。それでも、進化すべき方向は見えてきた。そしてリーグ戦は後半へ続く

みんな、悔しくて、歯がゆくて、なんとも言えない欲求不満な広島の夜でした。
みんなというのは、エディスタに駆けつけたファン・サポだけでなく、選手や監督たちも。
確かにクリスティアーノは怖かった。しかしあれ、記憶が定かでは無いのですが、パスミスからのカウンターでしたよね? 最近に多い失点のパターン。また、スカパー!の解説でカナジさんも言ってましたが、クリスティアーノが前線に残ることで、ミドルシュートも打ちにくい……。
確かにヴァンフォーレ甲府の守備は固かった。10人になって、守ると決めたら素晴らしい精度で守ってきた。確かに、あれを崩すのは難しい。右サイドからミカのセンタリングを皆川が落とし、柴崎晃誠選手のボレーが決まって何とか追いついた。しかし、欲求不満な夜でした。

続きを読む

ヴァンフォーレ甲府戦

カシッチが絶好調で迎える、古巣のヴァンフォーレ甲府戦。サイドを支配して、勝ち点3をゲットしろ!

カシッチこと、柏好文が絶好調です。
前節の柏レイソル戦(ややこしや)で左サイドに登場し、走りまくって得点にからみ、自らも、角度のないところから美しいシュートを決めました。
カシッチに限らず、サンフレッチェ広島は、やっとサイド攻撃の練習が実を結び始めたとことです。前回のレイソル戦では5点を取ることが出来ましたが、それも、サイド攻撃が功を奏してきたところが大きいのではないでしょうか。
続きを読む

「サッカーの憂鬱~裏方イレブン~」 Jリーグのファンを増やすための、おすすめのコミック

先日、Jリーグファンを増やすために、コミック「GIANT KILLING(ジャイアント・キリング)」を勧める、という記事をアップさせていただきましたが、
本日は、その第2弾。
「サッカーの憂鬱~裏方イレブン~」

続きを読む

青山敏弘選手

青山敏弘キャプテン、先ずはしっかり療養を……あなたの笑顔を待っとるけえね!

サッカー選手は、機械ではない。もっと人間的なスケジュールを

今シーズンのサンフレッチェ広島のスケジュールは、異常なことは、もうこのサイトで何度も伝えてきました。1週間に2回以上、ゲームが有り、さらに広島⇒成田⇒オーストラリアといった長距離の移動が何度かあり。
もちろん、サンフレッチェ広島の問題だけではなく、サッカー界全体の問題ですが、規模や売上・利益を重視しすぎるために、あまりにも過密日程になり過ぎています。
これでは、選手が潰れてしまいます。選手生命が短くなってしまいます。やはり、ゲームは1週間に1度。これをベースに同日程を組むか、利益を上げていくかを考えていくべきです。
続きを読む

さあ、進化し始めた、サンフレッチェ広島  対柏戦 5対2で勝利。 エディオンスタジアムに、明るく楽しいサッカーが舞い降りた

12,673人。平日開催であるにかかわらず、ビッグアーチという場所のハンディがあるにかかわらず、12,673人のファン・サポが詰めかけた。Jリーグ再開後の2ゲームが、どうもすっきりしないものだったので、何とか応援することでサンフの選手に力を、という想いがエディオンスタジアムに集結した、と感じました。
そして、5対2で勝利。みなさんも、確かな進化の動きを、感じることが出来たのではないでしょうか。
また、今は夏休み。きっとお子さん連れの方も多く、子どもも大人も、初めてのスタジアムで、初めてのサンフレッチェ広島の方も多かったのでは。そんな新しい人達に、昨日の明るく楽しい、本来のサンフレッチェ広島のサッカーを見せることが出来たのが、大きな成果。まちがいなく、またスタジアムに足を運んでくれるでそう。

続きを読む

サッカーの神様に試されるサンフレッチェ広島 そして試されるファン・サポ

FIFAワールドカップ明け、攻撃も守備も芳しくなかった横浜F・マリノス戦。攻撃陣と守備陣がちぐはぐだった大宮アルディージャ戦。
いや、攻撃陣と守備陣を分けて考えることが既におかしいんでしょうね。

アルディージャ戦が終わった後に、こやのんが、Facebookで、次のような思いをアップされています。

サッカーの神様に私自身も試されているとも痛切に感じる。現場をこれまで以上に信じるとともに、あえて神様に「リーグ戦の連敗が止まってアウェーで勝ち点1をとれたこと」に感謝して柏戦、甲府戦の連戦に臨みたい。

私は、こやのんの、この文章を読んで、流石こやのん、と感動してしまいました。そうなんでしょうね。Jリーグを連覇しているチャンピオンチームに、神様の試練が与えられているのでしょう。

続きを読む

柴崎晃誠が、3連覇のキーに成る……青山敏弘キャプテン 長期離脱の可能性も ピンチをチャンスに変えて

今朝の中国新聞によると、キャプテン青山敏弘の腰の具合が冴えないらしいです。明日の柏戦には出場できず。
FIFAワールドカップの代償、と言ってしまえばそれまでですが、ワールドカップ明けから、チームのマインドが今ひとつの時に、痛いといえば、痛いです。新聞では、長期離脱の可能性もあるとのことでした。
先ずは、青ちゃん、しっかり養生してください。責任感の強い青ちゃんですが、その責任感を、今は自分の治療に向けてください。

続きを読む

サンフレッチェ広島は、私にとって、大切な、大切な宝物なんだ。確かに不甲斐ない2敗だけど、それがどうした。……あの日の、佐藤寿人選手の叫びに思う

2007年を、サンフレッチェ広島のファン・サポとして生きていた人には、あの時の佐藤寿人選手の言葉というか、叫びを忘れている人はいないでしょう。(「佐藤寿人 神様が広島に遣わせた、サッカーの天使。 尊敬しています。」も参照してくださいませ
入れ替え戦に負けた直後、つまりJ2降格が決まった直後のこと。
寿人選手は、「J1に戻ろう!一緒にJ1に1年で戻ろう! みんなで……」サポーターに絶叫した。
寿人選手は、当時、代表候補でもあり、J2でプレイするべき選手ではなかったし、当然、収入も落ちたはずだ。オフには、たくさんの好条件のオファーが来たが、全て断った。サンフレッチェ広島のために。
寿人選手は、「みんなで」と言ったんです。ここはとても大切なメッセージだと思うのです。
続きを読む

希望の光は見えたのか……サンフレッチェ広島、対大宮アルディージャ戦で、まさかの3対3

佐藤寿人選手の偉大さは、誰もが知っているけど、知っている以上に凄いと思う

寿人選手が、このゲームで2ゴール。J1通算140ゴール。ぶち凄い……。
現役でありながらレジェントとなっているキングカズを超えるゴール数。寿人選手のゴールは更に積み重なる。
私は、寿人選手と一緒に人生を歩む事が出来る喜びを噛みしめたい。
ありがとう、そして、これからももっともっとゴールを。
私たちの絶対エース。広島県人より、広島県人らしいエース。J1通算200ゴールは超えてくれ!
続きを読む