カテゴリー別アーカイブ: 日本代表 ワールドカップ

日本代表、勝つか負けるか 天国か地獄か。正念場とは、このことだ。

Pocket
LINEで送る

【今日の一言】
今夜は眠れない。昨日はほとんど徹夜だったけど^^;

今夜再開する、ロシアワールドカップ アジア最終予選。
日本は、アウェイのアル・アインの本拠地ハッザ・ビン・ザーイドスタジアム。
戦いの相手はUAE。 続きを読む

Pocket
LINEで送る

泣くな、浅野拓磨。君はもっと強くなる

Pocket
LINEで送る

昨夜(2016年6月7日)の日本代表対ボスニア・ヘルツェゴビナ戦。
観戦していた人の多くの人がため息を漏らしたのではないだろうか。
「ジャガー、なぜ撃たない?」

1対2でビハインドの場面。ボスニア・ヘルツェゴビナの右側の(ボスニア・ヘルツェゴビナからすれば左側)ペナルティエリア付近へ侵略に成功したジャガー=浅野拓磨は、観戦していた、また実際にプレイしていた選手の多くがシュートを選ぶと思っていた。
しかしジャガーはゴール中央へのパスを選んだ。

このバスは味方へは繋がらず、相手ディフェンダーが投げ出した脚にあたりクリア。ペナルティエリア外までふわりと戻されたボールは清武の前へ。清武はミドルシュートを放つがバーの上を通り過ぎた。

ジャガーと清武と。このゲームでのヒーローになるチャンスを逸した。しかし逸し度合いが大きいのは浅野拓磨だろう。

このゲームの中で、拓磨が件のシュートを打つその少し前にも同じようなシーンがあった。相手のペナルティーエリア付近に同じようなコースで侵略したジャガーはこの時はシュートを打つ。しかしこれも相手ディフェンダーがゴールを阻止している。
ニュースサイトの記事によると、
拓磨はロスタイムでシュートではなくパスを選んだ時、このシーンが過ぎったという。 続きを読む

Pocket
LINEで送る

浅野拓磨の存在感……そしてフットボールのレジリエンス……キリンカップ対ブリがリア戦

Pocket
LINEで送る

まず日本のプロ野球ではありえない光景だった。
高校や大学の部活動でもありえないだろう。
6月3日のキリンカップ、日本対ブルガリアのもう終了間際とも言っていいジャガー=浅野拓磨のPKによるゴール。

このPKは、味方のスルーバスを拓磨が右サイド走りこんで更にドリブルで相手のペナルティーエリアに持ち込んだところで倒されて得たPKだ。
直後に監督のハリルホジッチはキッカーに宇佐美を指名した。異変が起きたのはこの時だ。
宇佐美はPKを蹴りに行く素振りすら見せない。
浅野は宇佐美に譲る気はサラサラないというところか、ボールを抱えたまま離さない。
そして、ピッチ内とベンチにいるに多くの日本代表の選手から「浅野だ」「浅野に蹴らせよう」「浅野だよ」とかなり強い声で「浅野推し」があった。
ハリルホジッチは結局「わかったわかった、浅野蹴っていいよ」と言った感じで、苦笑いを浮かべながら浅野のキックを認めた。

浅野はこの機会を逃さす、相手ゴールの右隅に(相手にとっては左。キーパーは右に飛んだ)きっちりと決めた。
続きを読む

Pocket
LINEで送る

東アジアカップ 日本代表対北朝鮮 について  キャプテン不在の戦い、だったような……

Pocket
LINEで送る

素人の私が言うのも気が引けますが、とは言え、うち(サンフレッチェ広島)の水本裕貴と浅野拓磨が行っているので、昨夜のゲームを評することをお許しください。

あの戦い方では、20分もたないんじゃ……と思ってたけど

基本、代表にはあまり興味はなく、先発にサンフレッチェ広島の選手がいなかったので、ビールを飲みながら物見遊山を決め込んでいたのですが、
そんな私が見ても、「こんな戦い方して、大丈夫?」と思ってしまいました。
開始10分くらいだつたでしょうか。

日本代表の前線が、北朝鮮に対して激しくプレスをかけに行ったからです。

テレビでは、前線しか映らなかったのですが、おそらく日本代表は連動してラインを高く保っていたのでしょう。
あの、気温の中で。
続きを読む

Pocket
LINEで送る

昨夜の対イラク代表戦。イラクちょっと酷すぎませんでしたか?

Pocket
LINEで送る

日本代表のゲームには余り興味が無いので、昨夜の代表戦もテレビ参戦はせず、スポーツニュース等でざっくりと見たのですが……。

イラクは何をしに日本に来たのだろう、というのが、率直な感想です。

私はいちサッカーファンなので、正直、テクニカルなことはわからない所も多いのですが、昨夜のゲームを見る限り、
日本代表の攻撃が凄かった、というよろ、イラクの守備がボロボロだった、と言う印象です。
続きを読む

Pocket
LINEで送る

青山敏弘

青山敏弘選手の報道が少なすぎる。特に広島のテレビ局。何考えてるの?

Pocket
LINEで送る

青山敏弘選手の報道が少なすぎる。

これはハッキリ言っておこう。特にテレビメディア。

特に広島のテレビ局。
地元サンフレッチェ広島の青ちゃんがスーパーミドルを決めて先制したのに、
カープばっかりやってる。
ホント、嫌になりますよ。
というか、バカじゃないのかと思います。

先日の日本代表の国際親善AマッチJALチャレンジカップウズベキスタン戦。
もっと青山敏弘のことを報道していいと思いますよ。

宇佐美選手もいいですよ、武藤選手もちろん注目。
本田選手や香川選手だハリルホジッチ監督のもと、どのような動きをするのかも楽しみです。 続きを読む

Pocket
LINEで送る

青山敏弘、水本裕貴。野津田岳人、浅野拓磨。サンフレッチェ広島の選手たちが代表で活躍

Pocket
LINEで送る

ピッチ上には、青山敏弘の勇姿。
そして、前半6分。

約30メートルのスーパーミドル。
青山敏弘

これこそが、我らがキャプテンの真骨頂。
代表はこれで一気にペースを掴む。

いや、すごいっす、キャプテン。
サンフレッチェ広島のファン・サポとして、猛烈に嬉しい。
続きを読む

Pocket
LINEで送る

青山敏弘

代表メンバーに、水本、青山。それから高萩も。バックアップに千葉、塩谷 選手。ホント、広島の宝なのに……

Pocket
LINEで送る

ハリルホジッチ監督が日本代表メンバーを発表した。

私のような素人の意見など、どうでもいいのだが、納得できる選手と、疑問の選手がいた。
特に海外組、どうなの? とも思うが……。

時間がなかったんだな、という印象の人選。

まあ、いいや。

基本、私は代表戦にはあまり興味がなく、Jリーグのほうが大事なので。
続きを読む

Pocket
LINEで送る

大予想 皆川佑介選手 対ウルグアイ戦で、マジ、ゴールをあげ、水本裕貴選手がシャットアウトする予感

Pocket
LINEで送る

すごい勝手なことを言わせていただくと、本日のキリンチャレンジカップが行われる札幌ドームは、私にとっては、思い出の場所なのです。
私ごとで恐縮ですが、数年前のこと、私は札幌に転勤になりました。いろいろな事情で、3ヵ月でまた東京に帰ってくるのですが、その3ヵ月が、私の人生の大きな転機になりました。
これまでの自分の仕事のやり方では、もう通用しない、ということを感じ、新たなやり方を始めるきっかけになった場所なのです。
札幌勤務の時、仕事で、ファイターズゲーム開始直前の札幌ドームにも入らせていただきました。グランドにです。ダルビッシュが側にいたことを思い出します。
個人的なことで、恐縮ですが、札幌は、私の人生に、大きな転機になった場所。
きっと、水本裕貴選手と、そしてまだ新人の域にやっと到達した感のある皆川佑介選手にとっても、これからのサンフレッチェ広島でのサッカー人生が、飛躍的にグレードアップするきっかけの場所であってほしいなあ、と、僭越ながら、自分の人生に重ねながら、ついつい思ってしまうのです。
続きを読む

Pocket
LINEで送る

代表に選ばれるために、Jリーグで頑張る、に違和感あり

Pocket
LINEで送る

今朝の日経新聞のスポーツ面を読んでいて、ガンバ大阪の宇佐美選手のインタビューが気になりました。
ナビスコカップ第1レグの対神戸戦の後。
記事からそのまま抜粋させていただきますが
「(代表に)入らなかった選手(の戦い)はもう始まっている。自分の良さを毎試合出す」。
とあります。
もちろん、宇佐美選手の真意はわかりませんし、発言の一部でしょう。
だから、これから私が書くことは、宇佐美選手に対してではなく、日経の記者や編集方針、あるいはマスコミ全般に対しての意見、と捉えてくださいませ。
続きを読む

Pocket
LINEで送る

FIFAワールドカップ、準優勝に終わったアルゼンチンの奇策、決まらず

Pocket
LINEで送る

FIFAワールドカップ ドイツが順当優勝。アルゼンチンに勝って欲しかったけど。

FIFAワールドカップが終わりました。
ドイツが延長の後半、ゲッツェのシュートで1対0で勝利。
何となく組織だって攻めるドイツ。
バイタルエリアからペナルティエリア付近への縦パスを入れて崩す、というドイツの攻撃に対して、しっかり中を厚くし、サイドに逃げられればしっかりケア、というアルゼンチンの守備、という構図だったのではないでしょうか。
私が移動しなければならず、延長戦を全く見ることが出来なかったのですが、90分間は上記の戦いのように思えました。
続きを読む

Pocket
LINEで送る

ブラジルがドイツにチンチンにされた、サッカーファンなら誰でもわかる簡単な理由

Pocket
LINEで送る

FIFAワールドカップの本戦で、一方のチームがここまでチンチンにやられてしまうことなんてないと思ってましたが……。ブラジル対ドイツ。1対7。こういうこともあるのですね……と、ゲームを見ながら思っていたのですが、私は途中からあることに気づくと、ああ、こだはブラジルは勝てないなあ、とチンチンの理由が何となくわかったような……。
スーパーエースのネイマールとディフェンスの要のチアゴ・シウヴァが不在……だけの理由ではないのです。
鍵は、選手たちの所属チーム。

バイエルン・ミュンヘン+ドルトムント 対 バラバラのブラジル

あくまでも、私見ですが。裏も取ってはいませんが。
ピッチで戦っていた多くのドイツチームのメンバーは、バイエルン・ミュンヘンとドルトムントの混成軍な感じでした。(正確に裏を取っていないのですが……)
ドイツチームの多くの選手が、母国のリーグの、現在のNo.1とNo.2のチームから選出されているのです。
いつも練習しているチームメイト、あるいはよく対戦するチームメイト、それも母国のリーグ。もちろんブンデスリーガは、世界でも最高峰のリーグの一つ。
各選手の個人の力も強いだけではなく、結構、コンビネーションとか、チームの決まり事・システムなどが、熟成していたのですね。
だから、しっかり組織で守れるし、面白いほど攻撃のコンビネーションが飛び出してくる。
一方ブラジルの代表は、全員が、ブラジルのリーグのチームに所属していなくって、更に結構バラバラのチームに所属しています。(これも完璧には裏はとっていません)
だから、攻撃時の個人技やパスワークは確かに凄かったです。でも、熟成していない。ブラジル以外のリーグでバラバラの地で戦っている選手を、短期間で熟成させるのは、いくらそれぞれの選手の能力が高くても、限界があるでしょう。それが証拠に、ドイツ代表チームの熟成されたコンビネーションや動きに、ことごとくやられてしまいました。
いつも一緒に母国のリーグで練習しているドイツと、バラバラのブラジル。要の選手が二人掛けた時点で、勝負は決していたのかもしれません。

代表を強くするには、自国のリーグを強くすること

そして見えてくるのは、ワールドカップで勝とうと思ったら、やはり自国のリーグを強くして、そこから代表選手の大半を選べるようにしていかなければならないということでしょう。
今回の日本代表は、本当に弱かった。何のまとまりもなかった。
このサイトに、最近書きましたが、きっと、今回の日本代表は、Jリーグで戦ったら、7位くらいが関の山だと思います。
Jリーグを舐めるなよ、ということですが、舐められないように、Jリーグももっともっと強くなっていかなければならないでしょう。

サッカー界の、ヒエラルキーを変えていかないと

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る