カテゴリー別アーカイブ: サッカーについて、いろいろ思うこと

森保一 元監督に、五輪監督のオファー? 少し早い気がします


【今日の一言】
もっと育成やろうよ

地方紙だけど広島では読まれている中国新聞にも数日前に掲載されてましたが、森保元監督に、次期五輪の監督の依頼があるとか、ないとか。
森保一元監督が評価されるのは嬉しい。サンフレッチェ広島での成果が中心ですしね。
でも、私は、時期尚早、と思います。

今は、インプットの時

夏までのサンフレッチェ広島の成績を見る限り、今の森保元監督には、たかが五輪(私は五輪のサッカーにはさほどの重きを感じないので^^;)とはいえ、今、監督を引き受ける実力は無いのではないでしょうか。 続きを読む

ビバ 小柳ルミ子


【今日の一言】
いろいろあるかもしれないけど、いいと思う

一昨日2017/07/15の浦和レッズ対ドルトムント(Jリーグワールドチャレンジ)は、面白かったですね。もちろん、ドルトムントはコンディションはそんなにいいわけじゃなくて、特に守備に関しては、全く足が動いていないシーンや普段ではありえないミスも結構見られて、まあ、シーズンオフのゲームであるややネガティブな印象は否めなかったけど、
ゲーム自体はとにかく面白かったですね。

最初、浦和レッズが先制すという、海外のビッグクラブがこういうゲームを行う時にありがちな展開でしたが、モルはは凄かったですね。
浦和レッズのここんところのディフェンスの調子の悪さを差し引いても、あの2点は見ることができてよかったなあ、というゴールでしたね。
それぞれのゴールとも、槙野選手を置き去りにしたところの上手さとスピードも異次元だったけど、私的に一番スゲー、と感じたのは、フィニッシュ。 続きを読む

ヨハン・クライフからの手紙

【今日の一言】
もっと、サッカーを知ろう、私は。

サンフレッチェ広島がまだ未勝利であることをお嘆きのあなた、いかがお過ごしでしょうか。
私も、嘆いてばかりではいけない、と前を向いて応援を続けております。

続きを読む

カンプ・ノウの奇跡

【今日の一言】
サッカーは世界のコンテンツ、ということを改めて確認できた

今朝方、スポーツに関するビジネスにおいて第一人者で私が尊敬する広瀬一郎さんが、facebookで「カンプノウで奇跡が起きた!」とアップされていた。
まさか、と思ったが、奇跡は既に成し遂げられていた。

続きを読む

やっぱり世界はサッカーなんだ。共通言語なんだ

昨年、3月はプライベイトでカンボジアに行った。冷房の効いたホテルで私はダラダラしたかったんだけど、あるクライアントから容赦ない仕事のオーダーが来て、それどころではなかった。場所を変えてのオフィスって感じだった。まあ、それは仕方ないとして、数日間専属で付いてくれたトゥクトゥクのドライバーから色々話を聞いたけど、やっぱりスポーツはサッカーということだ。

夏の終わりには、中国へ行った。長白山の近く。川の向こうは北朝鮮というところだったけど、そこでもサッカーは人気スポーツだった。
数年前にロンドンに行ったけど、まあ、誰が何と言おうとサッカー、というかフットボールだ。
ロンドンのドキュメンタリーのテレビ局の人たちとの仕事だったけど、もちろんお互い初対面で(片方だけが初対面ということはないからね)、打ち解けるための会話の題材は、プレミアリーグの話だった。少しインターナショナルレスキュー=国際救助隊のサンダーバードの話もしたけど。
続きを読む

新国立競技場を鹿島アントラーズかFC東京の本拠地とする……あーあ。寝言は寝てから言って欲しい

【今日の一言】
新国立競技場、いらないなぁ、ホンと、いらない

本当にオリンピックの本当の意義も忘れ、一体何のために存在するのかよくわからなくなってしまったオリンピック。関わる人間や組織は自分たちの対面を保つために行動する。お金がかからないオリンピックと言うテーマを時の首相がプレゼンテーションして開催地をゲットしたはずなのに、関わっている人が自分のことしか考えず、もう、絶対やめたほうがいいイベントになっていますが。
本来の意義からずいぶん外れてしまったオリンピックに関しては、全く興味がないし、税金が無駄に使われるのは、もう、この国は昔からなのでずっと呆れて物が言えない状態が続いているのですが、しかし、多くの行政者や政治はホント自分のことしか考えてないんですよね、こういうときって。

だから、次のような、バカな提案がされるわけですよ。スポーツ報知の記事から。

政府が2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場を、五輪後にサッカーJリーグなど特定クラブの本拠地とする方針を固めたことが29日、分かった。J1の鹿島(茨城県鹿嶋市)とFC東京(東京都調布市)が候補に挙がっている。これまで旧国立競技場を含め特定クラブの本拠地とすることは認めていなかったが、収益確保を目指し、2021年シーズンから実施したい考えだ。

これね、まあ、色々意見はあるでしょうが……。
本当だとしたら、何を考えているのだろうか、と思わざるを得ませんね。
Jリーグはホームタウン制があって云々、というのもあるのです。だから、なんで鹿島アントラーズの名前が出るのがさっぱりわからない。(カシマスタジアムに関しては、私なりの意見があるので、それはまた今度)
たまたまアントラーズの調子がいいから、アントラーズの名前出しただけって感じです。
鹿島は論外としても……。
陸上トラックついたままでしょ? そんなスタジアムはサッカーには必要ないですよ、というか、ダメですよ。
ピッチと観客席が近くなければ、サッカースタジアムのとしての機能を果たせないですから。

サッカースタジアムで大事なのは、観客と選手の一体感。これです。これが実現できないものは、どれほど施設がよくてもサッカースタジアムとしては使えません。
横浜F・マリノスの日産スタジアムの一体感の無さ。もちろん、ファン・サポーターは必死で素晴らしい応援をされているのは存じております。しかし、ピッチとの距離が遠すぎて選手もファン・サポーターも可愛そうです。
私は何度も日産スタジアムに行っていますが、ほんと、残念度が高いスタジアムです。(横浜F・マリノスをディスる意図は全くありません)

ということで、新国立競技場に関して、「Jリーグなど特定クラブの本拠地つする方針を固めた」なんて、バカ代表が固めることですよ^^;。

新国立競技場、いらないなあ……。それこそ、オリンピックは日産スタジアムでやればいいと思うのですが。
横浜F・マリノスは、頑張って時間がかかってもいいから、みなとみらいに専用の新スタジアムを4万人規模で作ればいいと思うのですよね。

そのためにも、Jリーグにもっともっとお客様が詰めかけるように、私も頑張らないと……。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

 

もうFIFAクラブワールドカップが日本で観られる日は来ないのか?

思いの外、私の周囲の人がFIFAクラブワールドカップの決勝のことを語っていました。
昨日から今日にかけて。
しかも、いつもはあまりサッカーに興味がない、そんな人までもが。

「鹿島の戦いに感動した」「サッカーってやっぱり面白いねー」
という嬉しい感想を結構もらわったけですよ。いやあ、よかったよかった。

結果論としては、日本にサッカーファンを増やすためには、鹿島が決勝に上がってよかったのかもしれませんね。
それで多くの日本の、サッカーにそれほど興味がない人がテレビで観戦した。
これがまた、鹿島だからよかったんだと思います。

鹿島って、これは私のガッツフィーリングなのですが、浮動票を取りやすいクラブだと思うのです。
都会にはない(正直、地方都市である)。それでいて、なんだか強い。うわっついたところがないように思える(うわっついているところは、正直在ると思いますが、それはどのクラブにもあるわけで)。そして、ジーコが作ったチームである。

とにかく、日本にJリーグのファンが少しでも増えることに寄与してくくれた鹿島に感謝。
国対抗という古い概念のワールドカップではなく、地元代表が世界No.1を目指すというクラブワールドカップの、この概念を少しでも伝えてくれてありがとう。

しかし、来年と再来年は、クラブワールドカップはドバイで開催。3年後はまだ未定とのことです。
おそらく、メインスポンサーの関係で中国で行われるのではないかと言われていますが。

この大会が、やっと日本で定着し始めたと思うのです。
日本のテレビ局や新聞社などのオールドメディアは、幹部に高齢者が多いため、またこれまでの成功体験からどうしてもプロ野球中心の考え方になっているのでしょうが、実は世界は違うわけで。
また地元に密着したクラブチームが、実は、地元のために世界一目指して日々練習しゲームしている、ということも少しは伝わったと思うのです。

それなのに、もう、FIFAクラブワールドカップは日本では開催されないのです。
何と惜しいことか。

私は、この大会こそ、広島で行うべきと思っています。
クラブワールドカップは世界に平和の尊さを訴えることが出来るコンテンツです。
一つのボールで、世界の人が、サッカーを楽しむのです。
これこそ、広島の、平和公園の側のスタジアムで行われるべき大会だと思うのです。

経済界の皆さん、政治家の皆さん、サッカー好きの皆さん、素敵だと思いませんか。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

羨ましいぞ、鹿島アントラーズ FIFAクラブワールドカップ

クラブワールドカップも、いよいよ3位決定戦と決勝を残すのみ。
それにしてもアトレティコ・ナシオナルによく勝ったなあ。
正直、見たかった決勝のカードは、レアル・マドリード対アトレティコ・ナシオナルでしたけど……。

いずれにせよ、羨ましいです。
私は、以前から主張してますが、FIFAクラブワールドカップは、あらゆるサッカーの大会で世界最高峰のたいかいであるべきだと思っています。
現状はエキシビジョン的な要素がまだ強いのですが、志はそこを目指すべきだし、実際FIFAはそう考え行動を起こしています。

で、いくつかの雑感を。

頼むぞ、決勝では次元の違う強さを見せつけてくれ、レアル・マドリード

準決勝は、勝てばいい、という考えであったのはわかります。コンディションの問題も在るし、一番勝たないといけないのは決勝戦なので力はやや温存。
でも、決勝ではお願いしますね、段違いの強さを。開催枠のリーグ優勝(しかも訳のわからんCSで勝っただけ)クラブに少しでもチャンスを与えてはならないと思います。
それがヨーロッパのチャンピオンとしてFIFAクラブワールドカップの決勝を戦うクラブの最低限の義務、だと思います。クリスティアーノ・ロナウドにはハットトリック希望。
頼みますよ。

なんか鹿島が決勝に進む気持ち悪さを感じながらも、それでも羨ましいぞ

鹿島は今回、開催国枠で出場なんですよね……。ACLを勝ち上がったアジアのチャンピオンではないのです。そのアジアのチャンピオンであった全北は早々に破れ……Jリーグの年間1位ではない、CSというあってはならなかった戦いで勝ったクラブ、まあレギュレーション上は今年度のJリーグチャンピオンが決勝に駒を進めるという不条理。
これ、本当に気持ち悪い。
FIFAクラブワールドカップの価値を下げる決勝戦になってしまったと思います。
あ、鹿島アントラーズには何の責任もありません。鹿島は今年度のレギュレーションで勝つべきところをしっかりと勝ってきたその結果、FIFAクラブワールドカップの決勝を戦うという栄誉を勝ち取ったのです。
悪いのは、Jリーグです。

そして私が思うのは、
羨ましいぞ、鹿島アントラーズ、ということです。
あー、羨ましいなーーー。
精一杯、決勝を楽しんでください。少しでも、爪痕を残してください。
ただし、鈴木優磨のあのパフォーマンスだけは、ぜったいにやめてくれ。超恥ずいから。
(まあ、ゴールを決めることはないでしょうが。そういうことがあったら今度はレアルが超恥ずい)

鹿島アントラーズが決勝に進んだ意義

FIFAクラブワールドカップの価値は落とすことになるかもしれないけど、日本のサッカーに興味がない人に、少しサッカーに注目してもらえる効果はあったと思う。
世界で最もファンの多いスポーツはサッカー・フットボールなんだ、と。サッカーに興味を持つと、少しだけ人生が楽しくなる、と。

だから、アントラーズ、この決勝を思いっきり楽しんでください。
そしてレアル・マドリード、間違えても鹿島に1点も取らさないように。チンチンにしてやってください。 世界最高峰のフットボールを見せてください。
Jリーグは、アジアで勝って、クラブワールドカップへ行きましょう。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

広島におけるサッカーと野球と。

今日は少し、自分のやった仕事の宣伝をさせていただきます。(久しぶりに更新したかと思ったら、宣伝かよ、というツッコミが聞こえてきそうですが、一応、サンフレッチェ広島の話につながりますので、ご容赦を m(_ _)m )
だから、ステマじゃないですよ^^;

この動画を、ぜひ見て頂いて、シェアしてくださいませ。
私が関わった仕事です。
私は既に父をなくしております。
何も親孝行させてくれないまま、旅立ってしまった父に、申し訳ない思いでいっぱいです。そんな想いを込めて作った動画です。(もちろんマーケティングの一つなのですが)

この動画の粗筋は、
サッカーがやりたかっのに、強引な父親にキャッチボールをやらされていた息子が大きくなって、子ども(父親にとっては孫)を連れて実家に帰ってくる。
そして、知らないうちに年老いてしまった父親にややショックを受けるけど、子供の頃のようにキャッチボールをしようと提案する。そして……
と言った感じです。

キャッチボールをやったことがない少年たち

さて、話は変わりますが、みなさんは、フィールド・オブ・ドリームスという映画をご覧になったことがあるでしょうか?
フィールドとは、ベースボールをやる場所のこと。 続きを読む

エディオンスタジアム

拝啓 湯崎広島県知事様。サッカーは、ゴールすることは奇跡を起こすことと同じなのです

この前のナビスコカップ、エディスタでのヴァンフォーレ甲府戦での湯崎英彦県知事のTwitterとFacebookへの書き込みが、少しだけSNSで話題になっている。

松井広島市長と、エディオンスタジアムでサンフレッチェ広島の応援にいらっしゃったわけですが、その現場での書き込み。

「1-0 サンフレッチェで後半開始じゃ!
しかし、前半9割ぐらいボールコントロールして、もうちょいゴールしてほしいのう。」
「エディオンスタジアムに昇る月が美しい…が、点が入らん!」
「2-0でサンフレ勝利!!」

と連続投稿。
しっかり応援して頂いて、ありがたいです。感謝です。

で、湯崎知事の投稿を見て、ちょっと思ったことがありました。
続きを読む

アディショナルタイム ロスタイム

少し前までは、ロスタイム、と言ってましたよね、レフリーがゲーム中に時計を止めた時間を。
いつの間にか(ではないのでしょうが)、アディショナルタイム、と言うようになりました。
私は、これに関して、全くこだわっているわけではなく、適正に45分×2のゲームが行われれば、何の文句もないのです。
が、アディショナルタイム、と、ロスタイム、という表現が持つニュアンスを比べると、ロスタイムの方に、センチメンタルな感じがするのです。
続きを読む