ナビスコカップ決勝

サンフレッチェ広島は、一部のファン、フリークのものではない。広島でお金を生むビジネスマシーンなのです

広島に暮らしていると、なかなか気づかないのですが、Jリーグはだんだん、日本人にとって生活に欠かせないコンテンツになってきています。
Jリーグの幹部の人員は、2ステージ制にしたり、自分たちでJリーグのゲームをディスったり、マジでバカじゃないかというか、バカだなあと呆れる人ばかりなのですが、それでも、各クラブのスタッフや選手たちは必死になってプレイして、ファンやクラブの地元の人達の心を動かしているのだと思います。
Jリーグは、もう、一部のファン・サポ、フリークだけが楽しむものではなくなってきているのです。
サッカーは、世界共通のスポーツです。
世界共通ということは、そこから広がるいろんな可能性があるのです。
ただ、広島で暮らしていると、そこに気づきにくい。それは、いい悪いではなく、カープの人気が高いからなんですが……。
でも、その広島の、あまりにも井の中の蛙感覚が、広島の経済に於ける致命傷になるのではないか、と、私は少し、心配していますJリーグは、サンフレッチェ広島は、これから広島の経済に大きく寄与するはずなのですから。

世界共通、ということは、そこにビジネスチャンスがある、ということです

日本人は、あるいは、日本はといったらいいのでしょうか。
ビジネスを作る、という概念がないような気がします。
実は、ダイヤモンドも、ファッションも、ワインも、そして欧州サッカーも、意図的にマネタイズされています。
つまり、経済的な戦略と戦術を駆使して、マネタイズ、つまり利益が出るようにしているのです。
Jリーグだって、やりようによっては、もっともっとお金を生み出すことができるはずです。

今のカープは、いい感じで利益を生み出しています。特にグッズ販売は目を見張るものがありました。ただ、少々インフレ気味になり、何でもかんでもカープグッズというところが気になりますが……。

例えば、Jリーグと東南アジアへのマーケティング

Jリーグの幹部は、2ステージ制、Jリーグのクラブチームへのディスりなど、多くのバカなことを指定ますが、、東南アジアへ目を向けていることは、いい感じだと思います。
セレッソ大阪のマレーシアへのアプローチ、ヴァンフォーレ甲府のインドネシア戦略、コンサドーレ札幌のベトナムとの関わり、アルビレックス新潟のシンガポールでの活躍等など。
既にいくつかのクラブは、日本国内にとどまらず、東南アジアを商圏として捉えて、マーケティングを進めています。
Jリーグの幹部も、これらを評価し(というか、偉そうに評価する立場にないとは思いますが)、リーグとして進めていくことは、戦略室を2011年に設立したことからも推測されます。

あと数年で、能なしの幹部は一掃され(間違いなく2ステージは失敗しますから)、本当に軽々能力がある方に戦略・戦術を実行してもらえるようになると(早くそうなって欲しいのですが)、Jリーグはしっかり発展をしていくはずです。
Jリーグは、間違いなく発展するのです。今は、幹部がダメダメだから足踏みしていますが、近いうちに、ゆっくりですが右肩上がりになるのです。
子どもたちの競技人口は、とっくにサッカーが野球を抜いています。世界で楽しまれていて、ビズネスになっている唯一のスポーツ、それはサッカーなのです。

サンフレッチェ広島を、単なるサッカーのクラブチームと捉えてはいけない

繰り返して恐縮ですが、広島では、サンフレッチェ広島は、一部のサッカーファン、フリークが見るものだ、と思われています。
はっきり言って、あまりにもお粗末な感覚です。
サンフレッチェ広島は、広島で大切なビジネスチャンスを作ってくれる運動体になるのです。
この、運動体を、大きく化けさすことができるかどうか……。これは広島の人たちの感覚にかかっていることでしょう。
政治家や行政、経済界を含め、広島の人たちが、サンフレッチェ広島にどう対峙するか。
これからの広島の50年を左右することになるのでしょうね。

そう考えると、どこに複合型サッカースタジアムを作るべきか、自ずから答えは出るはずなのですが。

ナビスコカップ、決勝チケット、こちらで購入できます

サンフレッチェ広島対ガンバ大阪 ナビスコカップ 決勝 チケット
icon

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします

 にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

サンフレッチェ広島は、一部のファン、フリークのものではない。広島でお金を生むビジネスマシーンなのです」への1件のフィードバック

  1. 通りすがりのサンフレサポ

    アメリカに旅行した時にロサンゼルスのスタジアムで野球観戦した事を思い出しました。20年前のことです。その時は日本人選手かいたかどうかも、対戦相手も忘れてしまいましたが、広島で育って野球は身近なスポーツだったので本場のスタジアムで観戦したかったというのがあります。
    スポーツ観戦が観光の一つになるなら、広島でも活用できるはずです。跡地、せめて中央公園などのアクセスのいい場所にスタジアムがあれば、平和記念公園や広島城を観光した観光客の目に留まり、サッカー好きな人が来てくれる可能性もなくはない。と考えています。サッカーは世界で競技されていて、多くの人にとって身近なスポーツの一つです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です