鹿島がホームスタジアム内に診療施設開設。これこそ複合スタジアムの効果。広島は宇品に作ったら全く活かせない

鹿島アントラーズ

鹿島アントラーズが、ホームスタジアム内に整形外科系の診療施設を作ることを発表した。

アントラーズの6人のチームドクターが在籍しているそうですが、いずれにせよチームドクターがスタジアム内の施設に常駐し、最新鋭の医療機器を導入。また施設内のフィットネスクラブでは、リハビリ等の指導も行っていくとのこと。
何より、地域の人たちの健康増進を計り、クラブの安定経営にも役立てるわけです。

こういう施設は、これからも増えていくでしょう。

Jリーグのクラブチームは、どうやって地元の人達と共存共栄を図れるか、がとても大切と考えているからです。

サンフレッチェ広島も、地域と共存するために

もちろん、私たちのサンフレッチェ広島も、地域の人達との共存共栄を図りたい。
当然、いろいろ考えているだろう。
スタジアムで、鹿島のようになんかできないか……。

しかし……

今、スタジアムは、広域公園にある。
ご存知のように、アクセスが猛烈に良くない。
鹿島のような医療・リハビリ施設を作ったとしても、結局、使う人がいない。

今、松井市長やずっこいことを考えている密約組たちは、宇品にスタジアムを建てることをもう進めている。

でも、宇品でも、多くの人は利用しづらいだろう。

宇品は無いです。やはり人が集まりやすところに作らないと。

広島市にはサンフレッチェ広島を活用しよう、という考えや知恵が無い。

サンフレッチェヒロシマの経営にもいい影響はないし、広島市民への恩恵も無いのですよ。

密約を実現するためだけ。一部の人が儲かるだけ。

まあ、選挙で広島市民が決めたことだから。
仕方ないですね。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

 にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村