青山敏弘キャプテン、先ずはしっかり療養を……あなたの笑顔を待っとるけえね!

青山敏弘選手

サッカー選手は、機械ではない。もっと人間的なスケジュールを

今シーズンのサンフレッチェ広島のスケジュールは、異常なことは、もうこのサイトで何度も伝えてきました。1週間に2回以上、ゲームが有り、さらに広島⇒成田⇒オーストラリアといった長距離の移動が何度かあり。
もちろん、サンフレッチェ広島の問題だけではなく、サッカー界全体の問題ですが、規模や売上・利益を重視しすぎるために、あまりにも過密日程になり過ぎています。
これでは、選手が潰れてしまいます。選手生命が短くなってしまいます。やはり、ゲームは1週間に1度。これをベースに同日程を組むか、利益を上げていくかを考えていくべきです。
[ad#co-2]

折しも、アメリカのメジャーリーグベースボールに於いても、ダルビッシュ有が、投手の中4日のローテーションに問題提起をし、田中将大投手の戦線離脱により、真剣に議論され始めたと聞いています。
サッカー界の幹部も、ゲーム数で利益を増やすという、バカでも考えつくような古いバラダイムの戦略から、もっともっとクリエイティブな方向へ切り替えてほしいものです。
まるで、山手線のダイヤのようなゲーム日程。しかし、選手は機械ではなく、人間なのです。プレイするのは、選手たち。協会やJリーグの幹部の人たちではないのですから。

青ちゃんの、あの笑顔。誰も忘れないからゆっくり療養を

ちょっと前置きが長くなりましたが、私たちサンフレッチェ広島の青山敏弘キャプテンの腰痛での離脱も、明らかにこの過密日程の影響を受けてしまいました。
シーズン当初から、キャプテンを背負ってのフル活動。ゼロックス、リーグ戦、ACL、そしてFIFAワールドカップ……。
青山選手は、人一倍責任感が強いし……。
でも、絶対、焦らないで。ファン・サポは、いつも青ちゃんのことを思っています。ゆっくりゆっくり療養して、前半戦の疲れをしっかり取り除いてください。
みんな待ってます、青ちゃんの笑顔を。あの、歌舞伎調「イヨ~」からの一本締めを。そして何より、素晴らしいプレイを。
そりゃ、寿人選手への縦一発ダイレクトパスが、しばらくは見られないのは、寂しいですが、療養が終わり、復活したら、しっかり見させてもらいますから。
青山キャプテン、待っとるけえね!
[ad#co-2]

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!


にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村