複合型スタジアム問題(サンフレッチェ広島)は、あくまでもクールに……深く静かに、旧市民球場跡地にスタジアム計画

私たち、サンフレッチェ広島のファンやサポーターは、複合型スタジアム問題では、ついつい熱くなりがちです。
そりゃ、わかります。
しかしこれは、諸刃の剣です。
どんなにこちらが正しくても、相手の意見の誹謗中傷は、これはやめるべきですね。

大きな地図で見る

クールに、戦略を持って進め

何事もそうですが、プロジェクトを推進するには、

  • 熱いハート
  • 有効な戦略
  • クールな理性
  • 圧倒的な実行力

この4つが必要です。
この一つでも欠けると、プロジェクトは破綻します。
特に、ハートが熱くなりすぎると、感情的になってしまい、ついつい、相手を誹謗中傷してしまうこともありますが……これは絶対にNG。
このような状況は、相手がクールであれば逆に利用されてしまいます。
市長の、あの発言は、クールな理性が、一時的に欠けてしまった典型で、結果、複合型スタジアム問題を全国に知らしめてしまいました。私たちにとってはありがたかったのですが。2位でいい、という発言は、誹謗中傷ではありませんが、比較的それに近いです。クールな理性が欠けると、こういうことが起こる確率が高くなります。

私たちがやるべきことは、興味のない人に、興味を持ってもらうこと……そのキーは、「広島の街づくり」

戦略PR的な動きは、間違いなく必要ですが、それは、サンフレッチェ広島がやってくれるはずです。
私も、今、企画書を作っているところですが、自主的に提案するつもりです。(どこまで有効かわかりませんがw)

私たちがやるべきことは、複合型スタジアムは旧広島市市民球場跡地に作るべきだ、といういことを、熱く、クールに、周囲の人に語ることだと思います。一人でも多くの人に、興味を持ってもらうことが大切でしょう。
その時大切なのは、「広島の街づくりのために」、が、最初に来ることだと思います。
サッカーファン、サンフレッチェ広島ファンのわがままではない、という印象を残すべきですし、事実、わがままではなく、街づくりですから。

ファンやサポーターも、学習する必要があります

地元のフットボールクラブが、いかに、地元に貢献できるか。将来の見通しを含め、熱く、クールに語れなければなりません。
これは、私たちがしっかり学習しながら、進めるべきことです。
「とにかくいいんだよ」では、話になりませんし、ファンのわがまま、で終わってしまいます。
しっかりと、論理的に、整理された話が展開されるべきなのです。
「今のビッグアーチはどうするのか?」「新しいスタジアムは採算が取れるのか?」このような疑問に、論理的に答えられないと、
ああ、めんどくさい人だなあ、で終わってしまいます。
繰り返しになりますが、そこは少しでも学習し、語れるようになりたいものです。
ファンやサポーターのそういう地道な活動が、ある時から突然、誰も止めることができない大きな流れになるはずです。
そうすると、もう、その流れは誰に求められません。

実行しましょう。熱くハートで、有効な戦略を持ち、クールな理性でコントロールしながら。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

複合型スタジアム問題(サンフレッチェ広島)は、あくまでもクールに……深く静かに、旧市民球場跡地にスタジアム計画」への1件のフィードバック

  1. nakamura kiyoshi

    サンフレッチェ広島のサッカー専用スタジアムの設置場所のことで。
    どんなにまともなことにでも、何にでも反対する人は必ずいますが、次の一点から市民球場跡地にするべきだと思います。
    広島県人であれば、誰にでも理解でき、異論の出ようがないと思えます。
    一点とは、
    現在海外から原爆ドーム・平和記念公園を訪問される人は、それなりに平和とか歴史とかに興味のある人に限られているのではないでしょうか?
    また、海外・国内からの観光客も有名な場所だから訪れたい?
    しかし、市民球場跡地に専用スタジアムができれば、
    1.「サッカー以外には興味がない」人も(若者も)、すぐ傍に平和記念公園・原爆ドームが見えれば、必ず足を運ぶでしょう。
    2.東京オリンピックでも試合会場として選ばれ、多くのサッカー好きが平和公園に訪れるでしょう。
      Jリーグ協会も反対できる理由はない。
         

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です