私たち、サンフレッチェ広島は、チャンピオンチームなのだ。色んな意味で。……本日の浦和レッズ戦で見せつけよう。

小遣いをやりくりし、いろんなスケジュールを調整してみたが、本日、私は東京にいなければならない。ということは、エディスタのサンフレッチェ広島浦和レッズ戦の現地参戦はできない。スカパー!か……。
スケジュールの巡り合わせが今一歩でした。

巡り合わせ、といえば、やはり本日の浦和レッズ戦。このタイミングで。これも巡り合わせなのでしょうね。
3月1日の開幕戦は、開幕前に柿谷とフォルランで話題をさらい、注目を集めたセレッソ大阪戦。
3月11日は、アジア・チャンピオンズリーグのセントラルコースト・マリナーズ戦。そしてあのパフォーマンス。
そして本日は、今、激震の浦和レッズ戦。

いつものサンフレッチェ広島 対 浦和レッズの戦い、というだけではなく、別の意味で、世の中から注目をされるゲームになってしまいました。

注目の集まるゲームだからこそ、「チャンピオンチームの戦い」を、しっかり見せつけましょう

本日のゲームで、サンフレッチェ広島がやるべきこと、その➀
注目の集まる本日の浦和レッズ戦で、きっちりと完封し、ここ数年のディフェンスより、遥かに今年のディフェンス力が高いことを、見せつけましょう。
そして、レッズの西川周作を含めたディフェンス陣から、3点くらい獲得しましょう。
私たちのサンフレッチェ広島は、チャンピオンチームです。2年連続リーグを制覇し、今年も3連覇に向けて驀進中であることを、他のチームに、そして日本全国に知らしめましょう。

やるべきことその➁
サンフレッチェ広島は、フェアプレイのチームです。これはいろんなデータを見ても証明できますし、常にフェアプレイ関係の賞を獲得しています。
サンフはフェアプレイでも常にチャンピオンなのです。
選手はもちろん、フェアプレイを実行してくれるでしょうし、私たちファン・サポも、応援において、サンフレッチェ広島のフェアプレイを見せつけましょう。

一昨日も、この件に関しては、本サイトにアップしましたが、森保監督は、相手チームを「敵」と表現したことはありません。「相手」です。
相手が存在するから、サッカーができる。
排他主義は、何も生み出しません。

私にとって、大嫌いな浦和レッズを、サンフレッチェ広島が打ち破ってくれることができるのは、浦和レッズがいてくれるから。

言論の自由、思想の自由、これは日本国憲法に定められています。
そして、私はそれ以前に、相手をリスペクトする、という大前提があると思うのです。
排他主義は何も生まない。多くのものを殺します。

基本は、お互いのリスペクトなのです。

浦和レッズをホームに迎えて、「因縁の」ゲームができる歓びが、今年もやってきました。
憎っくきレッズを打ち破る日がやって来ました。
もちろん、それは浦和レッズがいてくれるから。

エディスタに行ける皆さん、
色んな意味で注目の集まる本日のゲーム、
サンフレッチェ広島の強さを、そしてフェアプレイを、選手とファン・サポで、日本全国に、世界にしっかり見せつけましょう。

p.s.
何度も言うけど、私は行けないのです。
皆さん、よろしくです。ぜひ3万人超えを。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村