石原直樹選手 人間ではない説   ずっとずっと応援します

石原直樹選手に関して。
何と言ったらいいのでしょうか。あくまでも私見を展開させていただきますが……。

いぶし銀、鉄人、いや鉄人では評価が足りないから超合金だろう……。

また、キャラクター的にも、ある種の地味な感じで、いや、地味というか控えめというのが正解か……。

石原直樹

石原直樹 忍者説

目立たない。しかし、その仕事は超ハイレベル。
ある時は、絶対エース佐藤寿人のシャドーとなり、自分自身の気配を消したり、現したり。
ある時は、神出鬼没で相手の攻撃の芽を摘み、自陣が危ない時も、体を張って相手を止める。
またある時は、相手のどんな削り的攻撃に対しても上手にかわして倒れない。
そして、ここぞという時には、相手ゴールに必殺のシュートを蹴り込む。
しかし、目立たない。(しつこいけど、目立たないですよね)

だから、私は思うのです。石原直樹は、忍者である、と。

石原直樹忍者説を裏付ける事実は、まだまだあります。
石原直樹選手の特殊技能=疲れない、無尽蔵のスタミナ。普通に育てられた人間では、考えられません。やはり忍びの者だ、直樹さんは。
それからヴォルティス戦で見せてくれた、跳躍力。あれは空を飛んでいたでしょう。

石原完璧に飛んでいる小

やはり忍者なんですよ。
子どもの時から、芥子の実の成長に合わせ、ジャンプ力を鍛えてきたのです。

異論・石原直樹 宇宙人説

と、私が石原直樹忍者説を展開したいたら、私の友人が「それは違う」と私に異論をぶつけてきた。
その人曰く、「直樹さんは、人間レベルじゃない。いくら忍者の修行をしても人間では無理だ」。
その人は、さらに、直樹さんについて持論を展開してきた。
「直樹さんは、実は、サッカーのことをよく知らなかったんだ」

実際、石原直樹選手は、ある時期まで、タッチラインの内側を駆け上がり、ゴールライン付近まで来たら、とにかくセンタリングを上げなくてはいけない、とにかくそういうもんだんだ、と思っていたらしいのです。
これはいつの事だったか、よくわからないらしいのですが、湘南ベルマーレに入団した時まで、そう思っていた、という説があるので、直樹さん、一体どうしたんだ……といった感じなのですが。

こういった直樹さんに関する事実と、本人が醸し出す気配が、缶コーヒーのBOSSのCMに登場するトミー・リー・ジョーンズの扮する宇宙人に雰囲気が似ている、というのです。

なるほど! 確かに言われてみると、そんな感じもしますね。

で、決定打は、直樹さんの声。
ルックスからは想像の付かない甲高い声。
これは、宇宙人以外の何者でもない……。

さて、直樹さんは、忍者なのか、宇宙人なのか……。

いずれにせよ、直樹さんは凄い。サンフレッチェ広島に来てくれて、感謝!
ずっとずっと、応援します。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村