正直、勝ち点を2ほど落としたゲーム。どうやって連携を強めていくか。 サンフレッチェ広島 対 アルビレックス新潟

【今日の一言】
優勝もあるが、降格もある。そういう印象のサンフレッチェ広島の開幕戦

勝ち点3は必要な開幕戦だったけど、残念ながら勝ち点は1。まだまだ攻撃も守備も熟成していなくって(そりゃそうだけどね^^;)、何度も歯痒い思いをした。
相手のホニの抜け出すスピードに全く対応できていなかったですもんね。あれは危なかった。

前半の初めの頃、ペースは新潟。正直、2点3点取られても仕方ないシーンが続いた。新潟のスピードに少し翻弄されていた感じ。これは先が思いやられる感じがしましたね(シーズンを通じて)。
「ボールを失ったらできるだけ高い位置からのプレス」にモデルチェンジしている今シーズン。これをできるだけ早く熟成させて欲しい。それから佐々木翔選手。彼の離脱が、やはりいたい。

ゲームが進むに連れて、次第にサンフレッチェ広島の時間が増えてくる。
前の連携も少しいいシーンが見られるようになってきた。
いい時は、上手く相手のディフェンスに切り込んであと一歩、というところまで迫れる時が増えた。
このあたりは、昨年より、随分良くなったようなきがする。

今年のサンフレッチェ広島のファーストゴールは、工藤壮人選手。
後半、キーパーが弾いたシュートにきっちり詰めていて冷静に決めた。フォワードの仕事をきっちりと。昨年は、寿人選手の登場の機会が少なく、こういう時に詰めている選手がいなかったけど、今年は工藤選手がいる、という、やっとまともなチームに戻った、という感じはしました。

その後、少しサンフレッチェ広島がイケイケ状態になり、それまでどんよりしていたフェリペも上手く機能し始め、森島は最初からいい感じなので、追加点は時間の問題かと思われた。
けど、そんないい時間帯に得点できず、逆に何だが妙な感じで田中達也選手に1点を取られてしまった。
サンフレッチェのディフェンスにぽっかり穴が空いてしまったんですよ。あれは何だったんだ? 何であんなにゴール前が空いちゃったの? そんな崩されていた印象もなかったんだけど。
だけど、こういう失点はある。だからそれ以上に得点を取り続けなければいけないんだけど、昨日のサンフレッチェは、それは全くできなかった。

矢野貴章は、酷いプレーで2枚めのイエローをもらい、そのまま退場。この時の態度も酷い。プレイする資格なし。

相手は10人になり、サンフレッチェ広島はもう、再び勝ち越してくれるでしょう、と思ったけど、ダメでしたね。
攻めてたけどね(まあ、相手は10人だから引いてくるんで)。

結局勝ち点1。厳しいスタートとなりました。
森島選手や稲垣選手は、よかったですね。
塩谷司は、今年は凄い仕上がりだし、もっともっと凄くなる気がしました。
みんなだいぶいい感じには仕上がっています。フェリペもそのはずだったのですが……。
昨日は、フェリペ選手の日ではなかった、ということでしょうか。
緊張があったのかな……。
ただ、言えるのは、公式戦になれば、昨シーズン下位でもがき苦しんだアルビレックス新潟でも、あれくらいのマークはするよ、ってこと。
フェリペがJリーグで本物になれるかどうか。その猶予は3月いっぱいな感じがする。

そして、カッシー。柏好文が太ももを痛めての交代。これは長引きそうな予感(軽症を祈るけど)。
いきなりのピンチ。
今年のサンフレッチェ広島は、優勝もあるけど、降格もある。そんな開幕戦でした。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村