サンフレッチェ広島、本日、ナビスコカップ。対浦和レッズ戦。青山敏弘キャプテン、の復活祭、となるか

青山敏弘選手

なかなか、公式戦において、浦和に勝てないサンフレッチェ広島。
これに関して、ジェイズゴールのプレビューで、中野和也氏は

かつて槙野智章に「広島戦のようなサッカーが常にできれば、浦和はダントツで優勝だろう」と聞いて苦笑されたことがあるのだが、それほど対広島戦における浦和の選手たちの集中は研ぎ澄まされ、運動量も驚くほど多い。広島戦勝利後の公式戦戦績は1勝1分4敗。いかに広島との戦いで浦和の選手たちが消耗しているか、この数字が如実に示しているだろう。

引用元:【ヤマザキナビスコカップ 広島 vs 浦和】プレビュー:積み重なった屈辱の歴史を晴らすため、広島は勝利を求める。強い気持ちで特別な戦いを仕掛けることで、浦和は勝ちに行く。(14.09.02)

と書かれています。

これを見ると、浦和の選手に、「絶対広島には負けてくない」という思いが強く、故にこのような結果になっている、と推測できます。

では、このように熱く来る浦和に対して、どのような戦いをすれば勝てるのか。そのヒントは、やはり8月16日に埼スタで行われたリーグ戦にあるような気がします。
[ad#co-2]

クールに、熱いハートで、勇気をもって

8月16日の対レッズ戦は、サンフレッチェ広島としは守備の立て直し急務のゲームでしたから、それを念頭に、冷静に戦っていた印象です。ゲームでの後半は、そこに攻撃という意識が加わって、浦和ゴールを脅かしていました。
今回のナビスコカップ、浦和戦の第1レグも、先ずはクールに戦う必要があるでしょう。それが最低条件。そして、そこにどれだけ、勇気をもって、攻めきることができるか、ということだと思います。
この攻撃で点を取らなかったら、カウンターで逆襲されていまう、だから攻めきる、という感じでしょうか。そこまで覚悟をもった攻撃がどれだけできるか、というのポイントになるでしょう。

青山敏弘キャプテンの復帰はあるのか?

このゲームでワントップを務めるであろう佐藤寿人選手は、青山敏弘キャプテンが復帰すれば、といった内容のインタビューの中で、勇気を持って縦にパスを出す攻撃がさらにできるようになる、という趣旨のことを発言していました。
青山敏弘キャプテンが復活は、コンディションの良くなかったチーム状態から、少しずつ立て直しを図っているサンフレッチェ広島に、大いなる光を与えてくれるでしょう。
水本選手と皆川選手は、代表合宿で不在ですが、宮原選手がいるし、ソッコ選手もベンチに入る予感。そして、絶対エースの佐藤寿人選手がいる。
ここに青山キャプテンが加われば……。
さあ、今夜も、駆けつけ割りもあるそうです。
もしかしたら、青山選手の復活祭になるかもしれない、本日のナビスコカップ 対レッズ戦。行かない手は、ないでしょう。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村