怒りは収まらないけど、切り替えて、まずはグランパス戦へ

未だ、怒りは収まらず。一番悔しいのは、選手だろうな、とも思い。
ACLのアウェイでの、FCソウル戦でのジャッジ。
でも、週末のリーグ戦:対名古屋グランパスエイト戦も近づいてきていて。
このサイトの記事は、だいたい、アップする前日に、何を書くか、だいたい決まるのですが、
今日は、朝になっても、頭のなかが整理できず。
つまり、切り替えられていないのです。自分の頭のなかが。
私がもし、サンフレッチェ広島の選手ならば、このまま、リーグ戦を迎えると、全く実力を発揮できない、ということになるので、本日は、気持ちを切り替えるために、この記事を書いて、アップさせていただきます。

⇑ 動画は岳人のゴール。現地映像素晴らしい。


⇑ どこがファウルなのか、さっぱりわからない、水本のディフェンス(現地動画感謝です)

アジアの恥、が、既に世界に走り回っていること

あのゲームにおけるファハド・ジャバー・アル・マリ主審のジャッジは、明らかにFCソウルの味方をしていた。もちろん、これはFCソウルの問題ではない。彼らも90分、勝利のために必死で戦っていた。問題はファハド・ジャバー・アル・マリ主審。
FCソウルの1点目は、明らかにオフサイド。
サンフレッチェ広島の選手がファウルを受けても全く取られない。そして、最後のPK2本。話にならない。
GOAL JAPAN編集長のチェーザレ・ポレンギ氏は、現地でゲームを観戦し、このジャッジに対して、痛烈な、しかし冷静な批判を発表していますが、少し抜粋すると
(ここから)
林が2本目のPKをストップしてほしいとも望まなかった。1本目を勇敢に止めたのと同じように2本目を止めていれば、おそらくはアディショナルタイムがさらに追加され、スコアが同点になるまであと何本でもPKが取られていたことだろう。
(ここまで)
全く同感。サンフレッチェ広島のペナルティエリア内で、サンフの選手がソウルの選手のディフェンスに行ったとたん、例え接触がなくても、ファウルを取られ、カードを出されてPKになっただろう。
ふざけたジャッジだった。
あってはならないジャッジだった。しかし、偏った、ジャッジがあったことも事実。そしてこの事実は、既に世界のサッカーファンの間で、嘲笑の的になっている。

Jリーグのチェアマンは、クラブチームにフェアプレイを望むのであれば、今回のアンフェアなジャッジに対して、どうアクションを起こすのか、注目しておきたい

前出のチェーザレさんの文章の別の部分を、もう一度引用させていただく。
(ここから)
テクノロジーで結び付けられた地球上で、アル・マリ主審の「想像的」な判定はすでにYouTubeやツイッター、フェイスブックを通して世界中を駆け巡っている。アジアサッカー界の強豪国である日本と韓国を代表する2チームの試合が嘲笑の対象となっている現状だ。
(ここまで)
ということなのです。
すでに、アジアのサッカーは、大恥をかいている。恐れ多くも、チャンピオンズリーグ、という名前を冠している大会で、あのようなジャッジが行われているのです。そのことは世界の人の知るところとなっている。
既に、サンフレッチェ広島は、サイトで以下の発表をしています。
(ここから)
このたび、サンフレッチェ広島は、昨日(4月1日)に行われた『AFCチャンピオンズリーグ グループリーグ第4戦vs.FCソウル(@ソウルワールドカップスタジアム)』において、「試合全体を通じて勝敗に影響を及ぼす意図的な判定があったのではないか」との抗議文をAFCに提出いたしました。アジアのチャンピオンを決める大会ということを鑑みても、このような判定をスタンダードなものとして受け入れることはできません。
 サンフレッチェ広島は、レフェリングの向上を切に願うとともに、今後はJFA、ならびJリーグの指示を仰ぎながら、本件について対処して参ります。
株式会社サンフレッチェ広島
(ここまで)
当然のことだと思います。
この抗議文を受けてのAFCの反応如何によっては、Jリーグは日本サッカー協会が、アクションを起こすべきでしょう。
Jリーグチェアマンは、常日頃、フェアプレイを訴えているわけですから、AFCが、今回のジャッジに対して、何も問題はなかった、という判断をした時は、断固たるアクションを起こしてくれるものと信じています。

P.S.
なお、昨日、日本サッカー協会に電話して、この件に関して質問すると、
「今、答えられるような内容はない」「何かする必要性が生じた時は、しかるべきタイミングで、発表する」とのことでした。なんだろう、この大本営発表感。
私が広報の責任者であれば、「成り行きを注意深く見つめている」程度のことは言いますけどね。
もう少し、返答の仕方を考えたほうがいいと思いますよ、日本にサッカーをもっと根付かせようと思うなら。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です