シェアする

川辺が帰ってくる 僕らはそれを、希望と呼ぶんだよ

シェアする

[ad#co-2]
【今日の一言】
魂を失うな

不信感が全く拭われたわけではなく、むしろ全く解消されてはいないけど。
勝てばいいというものではないし、観客が入ればいいというものでもない。
このあたりは難しいんだけど、砂上の楼閣を作ってはいけない、ということ。脈々とつながる魂を引き継ぎ、下からしっかりと積み上げていく。それこそが、広島らしい、広島に存在するクラブの意義となり、人気の定着した、広島の文化となるクラブになれるのだ。

光は、東から

川辺駿は、公式から発表があった。広島に帰ってくると。
正直、多くのサポが心配していたのではないだろうか、このままジュビロに完全移籍するのでは……と。本人は悩んだのかどうかはわからない。
でも、帰ってきてくれる。J1で通用する自信を、確信に変えて、帰ってきてくれる。
名波さんと中村俊輔、そしてジュビロの関係者の方々には、感謝しかない。
本当に嬉しい。これが希望と言わずに何というのだろうか。
[ad#co-2]

広島のシャドーに、差し込んでくる光

そして、もう一つ、光を放つニュースが入ってきた。まだ未確定だけど
公式の発表はない。しかし、伊達藩の方から、若き勇者が帰ってくる可能性が高くなった。
本当に帰ってきてくれると嬉しい。
ドラゴンボールじゃないけれど、魂がまた少しずつ鼓動を強くしていっている感じがする。

彼らをさらに大きく育てることが、サンフレッチェ広島の使命だ

再び、若いぐんぐん育つ紫の戦士たちが、広島に結集しようとしている。
ウチは、育成が本質のクラブ。そこを理解し、この地で育成メンバーと共に戦ってくれる実力を持った戦士たちが融合し、広島らしい戦いができるんだ。

城福監督、新しい社長、そこのところをマジによろしく頼みたい。
インスタント的に強くなるのではなく、グッズ販売の増加や一時的な客がやって来ることが本質ではない。

ヨンソン氏は、何とかクラブをJ1に留めてくれた。紫の戦士たちも、ギリギリ戦ってくれた。
J1に残留したから、外で修行をしていた紫の血が流れている戦士も戻ってきてくれている。
これを台無しにしないで、しっかりと基礎からサンフレッチェ広島を構築し直して欲しい。
[ad#co-2]

私は、来季もしっかりと応援する。

苦しかった2017年ももう暮れようとしている。
来シーズンは、今年より厳しい戦いになるかもしれない。
数日までは、どんよりとした雲に覆われていたが、紫の血が流れている若き戦士が帰ってくる報を受けて、その雲間から、確かに光が差し込んできた。
この光を、大切に、そして大胆に育てて行こう。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村