広島市安佐南区からのニュースの生中継で「サンフレッチェ広島を応援しています」の幕を見る 今は批判は後回しにして、力を合わせる時

昨夜、広島の土砂災害関連をニュースを見ていると、安佐南区(だったと思います)から生中継があり、様子を伝える記者の後ろの建物に「私たちはサンフレッチェ広島を応援しています」という趣旨の趣旨の幕が下がっていた。
厳しい。胸が痛む。
まだ、8月21日の夜の段階で、51人の方が行方不明とのこと……。
何という……

いろんな批判は、今は止めておきたい。少しでも早い救出活動を

それぞれの人の思いが、いろいろあると思います。心が不安定になり、人や組織の行動が、無神経に感じられることが多くなります。
でも、なんか私は、今は批判より先に、何か協力できることはないか、と思うようにしています。
今、再湯煎されるは、行方不明の方々を何とかすることと、被災された方々の安全確保ですから。
しかし、このような被害が、3度繰り返されないように、しっかり対策を立てるためには、今度しっかり、ダメだった部分を分析し、批判し、再構築していく必要はあります。が、今はまだ、その時ではないと思います。

23日のセレッソ戦は、ビッグアーチで行うのだろうか?

このような状況の中、今週末の23日、サンフレッチェ広島は、リーグ戦のセレッソ大阪戦を控えています。
夏休み最後のホームゲーム。多くの子供達にも、遊びに来てもらおうと、紫の戦士たちやスタッフは気合が入っているところでした。しかし……。
ゲームをやるのでしょうか?もう、サンフレッチェ広島のスケジュールはギチギチです。しかしビッグアーチは、安佐南区にあります。
果たしてこの状況で、あの場所で、ゲームをやるべきなのかどうか。
例えば、スタジアムが、カープのズームズームの場所(広島駅の東側)にあるとしたら、23日のゲームは開催されていたでしょう。しかし、……
難しい。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

コメント

  1. くらかん より:

    同感です。あの場所で行うことは、物理的に難しいことではないかと思います。指定席券が完売している状況で、輸送手段に問題があります。通常ではない状況で、シャトルバス・アストラム・JR・道路事情・AWAYサポーターのこと・・・。目と鼻の先で起こっていることとのギャップに切替ができず、一歩を踏み出すのが正直怖く感じています。スタジアムに着けば、非日常的空間に身を委ねることもできます。目の前で闘う選手を後押しすることはできると思っても、足が進まないのも事実です・・・。