大晦日にスタジアムの話をしよう その1

【今日の一言】
みんな、もっと、広島市の政治と行政に興味を持とう
(書けないことが多くて……)

広島市にサンフレッチェ広島の本拠地となる複合型サッカースタジアムは、暫くはできません(たぶん)。
ここで政治や行政の話をするつもりはないので、これ以上は話しませんが、市長選の投票率が上がらない限り、スタジアムは無理でしょうね。(最近、他の方法も発見したので、来年はそれをやってみようと思うのですが)
まあ、何の話かわからない人もいらっしゃるかもしれませんが、ここから察してください。

サンフレッチェ広島のスタジアムは、暫くはできない ⇒ ビッグアーチだと経営基盤は盤石にならない ⇒ チームは少しずつ弱体化していく ⇒ 集客力がさらに劣る ⇒ 経営が大変になる ⇒ 更に弱体化する……
このままだと、負のスパイラルに入っていくでしょうね。
佐藤寿人選手のような、スーパーエースが、その価値に見合わない安い契約金で広島に来てくれない限り。再びの黄金期はあと数十年は来ないのではないでしょうか。

Jリーグも、既に20年以上の歴史を重ね、各地域や各クラブでスタジアムのことを真剣に考えているところが増えてきました。
地域の公共機関の基本として。地域の経済のエンジンとして。

私は、アウェイのスタジアムにも、いくつか出かけていますが、肌で感じることがたくさんあります。
いいところ、よくないところ……。
それらをいろいろ考えていくと、広島市には、実は凄いチャンスがあるんですよ。
本当に、凄いチャンスが有る。でもそれを敢えて潰している。
まあ、そこは考え方ですから。

ということで、大晦日にスタジアムの話をしよう その1 は終了です。
みんな(サンフレッチェ広島ファン・サポだけじゃなく)が市長選や県知事選に本気で行くようにならないと、あるいは本気で立候補するようにならないと、何も変わらないでしょうね。まあ、変わらないだけならまだいいですが。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村