サンフレッチェ広島は、私にとって、大切な、大切な宝物なんだ。確かに不甲斐ない2敗だけど、それがどうした。……あの日の、佐藤寿人選手の叫びに思う

2007年を、サンフレッチェ広島のファン・サポとして生きていた人には、あの時の佐藤寿人選手の言葉というか、叫びを忘れている人はいないでしょう。(「佐藤寿人 神様が広島に遣わせた、サッカーの天使。 尊敬しています。」も参照してくださいませ
入れ替え戦に負けた直後、つまりJ2降格が決まった直後のこと。
寿人選手は、「J1に戻ろう!一緒にJ1に1年で戻ろう! みんなで……」サポーターに絶叫した。
寿人選手は、当時、代表候補でもあり、J2でプレイするべき選手ではなかったし、当然、収入も落ちたはずだ。オフには、たくさんの好条件のオファーが来たが、全て断った。サンフレッチェ広島のために。
寿人選手は、「みんなで」と言ったんです。ここはとても大切なメッセージだと思うのです。

私たちも、微力ながら、サンフレッチェ広島を支えている。上から目線の評論家でも上司ではない

みんなでJ1に戻ろう。この「みんな」とは、ファン・サポ-ターのこと。
このように考えることは出来ないか。サンフレッチェ広島を一つのプロジェクトと考えると、選手や監督、コーチ、スタッフの方々は、もちろんそのプロジェクトの主要メンバー。でも、私たち、ファン・サポーターも、そのプロジェクトを支えるメンバーである、と。サンフレッチェ広島を作る一部なのだと。

確かに、酷い負け方をした。でも、酷い負け方をしようとしたプロジェクトメンバーは、選手、監督、コーチ含め、そして私たちを含め一人もいない。
寿人選手は、サンフレッチェ史上、もっとも厳しかった戦いのあと、降格になってしまった直後に、プロジェクトメンバーの私たちに、「一緒に戦ってくれ。俺も戦う」と言ってくれたんだ。そして、J1の強豪から引く手あまただったにも関わらず、寿人選手は、サンフレッチェ広島を選んだ。
今回の2ゲームくらいで、紙コップを投げたり、評論家になったり、まるでダメ上司のように、怒ったり批判する気持ちが、さっぱりわからない。
私たちは、サンフレッチェ広島のプロジェクトメンバーなんだから。

今こそ、一緒に、力を合わせて、サンフレッチェ広島を応援するとき

選手やコーチや監督ではない、でも、サンフレッチェ広島のプロジェクトメンバーである私たち。一体何ができるのか。必死で、全力で応援すること。下を向きそうな選手に(そんな選手はきっといないが)、勇気を伝えること。大好きだ、と思うこと。
評論家やダメ上司になることじゃない。
大きな声で、気持ちで、フォースを選手たちに送ること。
私たちは、ブレない。そして進化する。
寿人選手の、あの時の熱い想いは、プロジェクトメンバーの全てに伝わって、もっともっと熱くなっているはずだから。

いい時もあれば、悪い時もある。それを受け止めるのが、ファン・サポだと思う。
そして、サンフレッチェ広島と、共に生きることだと思う。
わしは、サンフレッチェ広島が大好きじゃけえ。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!


にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村