サンフレッチェ広島の新陳代謝力

そろそろ移籍が話題になり始めますね。早速スポーツ新聞では、西川周作青山敏弘に、レッズが食指を伸ばしているとの記事が。

まあ、事実はわかりませんが、プロフェッショナルのサッカーリーグのことですから、こういう話はあって当然なわけです。
が、……どうも、あまりにもやり方が露骨というか、センス無いというか、えげつないところもありますが……。

サンフレッチェ広島からも、たくさんの選手が出て行きました。

わかっていたとはいえ、昨年の森脇のレッズ移籍は、ショックでしたし、槙野のレッズ入団も何だったんらどう、と思います。
彼らに、なにか言いたいことがあるか、というと、まあ、それはあるのですが……。でも、人生はいろいろ。人それぞれですし、言ってもしょうがないでしょう。
批判してもね。

それより注目したいのは、彼らが抜けて、私たちサンフレッチェ広島のディフェンス力が落ちたかってことです。
彼らがサンフにいた時より、ディフェンス力はアップしているではないですか。
センターの千葉ちゃん、左の水本、右の塩谷これ、最強でしょう。

サンフは育成型のチームとよく言われます。確かにそれはその通り。
しかし、サンフは、補強も上手、と思います。

誰かがいなくなると、それを補って余りある誰かが登場するのです。
それは、補強だったり、育成からだったり。

私はこれを、サンフレッチェ広島新陳代謝力と呼ばせていただきます。
この新陳代謝力がある限り、たとえ誰からが移籍で何処かへ行ったとしても(もちろん、行ってほしくないですよ。今のメンバーは最高だと思っていますから)
更に強くなるのが、サンフレッチェ広島なのです。

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村