サンフレッチェ広島でも検討されている、複合スタジアムは、進化する。柵(しがらみ)を乗り越え、旧市民球場跡地へ

複合スタジアム問題……どんな柵(しがらみ)があるのか、いよいよにっちもさっちも行かなくなってきた

「サンフレッチェ広島の複合サッカースタジアム問題」……A
サンフレッチェ広島のスタジアムは、何処にあるべきか、という問題です。
サンフレッチェ広島を広島の財産としてどう活かすか。そういう問題です。
「旧市民球場跡地をどうするか問題」……B
これは、市内の一等地と思われるところを、広島市としてどう活かすか、という問題。
これがなかなか進まない。
色々な思惑が入り乱れ、泥沼状態となっています。
さあ、何とかならないか。ブレイクスルーはないのか。

広島市民球場を移転するときの、市サイドからの約束説

彼の地に広島市民球場があった頃、原爆ドームの側に、野球という日本を代表するプロスポーツ(ドメスティックですが)の賑わいを創出していたわけです。それは平和の象徴でもありました。
原爆ドームの側に、市民球場。理想の組み合わせだと思います。
しかし、移転です。
多くの人が反対しました。建て替えればいいじゃないか。そりゃそうですよね。しかし、移転。いろんな思惑、言ってみれば大人の事情で、利権?それはわかりません。本当に。でもとにかく大人の事情で今のズームズームに引っ越したわけです。
その時に、移転する代わりに、必ず年間100万人程度の集客が見込める施設を作る、という約束があったのです。ある意味、これは人質です。
旧市民球場に年間来場していた人数を、おそらく、15000人×60ゲーム的な計算で算出し、100万人という人数が導き出されたのでしょう。
これが厄介なことになっているのですね……。まあ、市議会では既に、この方向の案は否決はされているのですが。

今思えば、今のズームズームの場所に、複合サッカー施設を建設し、市民球場は元々の場所に建て替えればよかったんだと思います。
この時、市民球場を広島駅の今のところに引っ越さなければならない事情があったような……。

スタジアム施設は進化します。イベントも可能になる

賑わい創出は、どうすればいいのでしょうか?
イベント広場、コンベンションビューロー、文化施設……。
これらのものを設立して、いつまでつづくのだろうか、と思います。
イベント広場的なものは、持続できるのでしょうか? コンベンションビューロは機能するのでしょうか? 文化施設……う~ん。
今、年間34万人~50万人規模でコンスタントに集めることができるコンテンツは、他に無いと思います。

複合サッカー設備にして、それをサッカーだけではなく、いろんなことに活かしていくのが、やはり私には、一番いいと思います。
今は、一晩で天然芝を張り替える技術もあるります。
そのシステムがすぐ使えるか、コストの問題とかで難しいかもしれませんが、それでも、先を見据えて、そのシステムが使えるようになれば、そのシステムを取り入れる。
そうすればサンフが遠征に出ている時は、スタジアムでイベントができることになるでしょう。
スタジアムを、他のイベント等に活かす技術はこれからもっともっと発達するはずなのです。
さらにサッカーだけではなく、平和記念公園に集まる人々(海外の人も)をアテンドする施設もスタジアム内に作り、もっともっと、広島へのインバウンドに役立つようにすればいいのです。
素敵なエリアにできるはずです。
そうすれば、年間100万人という数字も見えてくるはずです。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村

コメント

  1. sanfrepapa より:

    本日の朝 2019年 エデオンスタディアム W杯 ラグビー場に改修
    やれやれ 今更 広島にはラグビー熱も無いのに 何処まで
    広島市は腐っているのだろう
    2020年オリンピックの時にサッカー場で考えるのが普通でしょう

    • kamakura16 より:

      sanfrepapaさん、
      ラグビーワールドカップがらみの話、酷いですね。汚いというか。
      中国新聞も、だめだな、あんな記事を出すようじゃ。
      交通機関の何処が便利なのか、電話して質問しますよ、私は。