サンフレッチェ広島に、サッカーの神様からのご褒美は、きっとあるはず

昨日は、鹿島アントラーズに 0対3 で敗れてしまいました。
そんな日曜日は、私は何もやる気が起きません。
こうやって、このサイトの記事を書くのも、相当つらい……。
しかし、選手たちは連戦を戦っている。私も、今年1年は、毎日記事をアップする、と決めたので、書かないわけには行きません。
今日は、サッカーの神様からのご褒美について。

昨年の優勝を思い出して欲しい。あれは、神様からのご褒美もあったはず

確かに昨日は、鹿島アントラーズに負けましたが、昨年の最終節は、私たちのサンフッチェ広島がキッチリ勝たせていただきました。
そして、横浜F・マリノスが川崎フロンターレに敗れて、私たちサンフレッチェ広島の連覇が決まったのです。
勝つことは必要。しかし勝った後は運を天に任せるしかなかったあの日。天は、私たちサンフレッチェ広島を選んでくれたような気がします。
これは、先日、広島に帰った時に、あひる村のマスターと話をして、マスターがそう言ったのですが、私もなるほどなあ、と感じました。
昨年の広島は、今年ほど選手層は厚くなく、ACLにも立ち向かいましたが、グループリーグは突破できませんでした。それでも必死で戦った。リーグ戦も渾身の力を込めて毎試合戦った。フェアプレイを貫いた。そのご褒美が、最終節の結果だった……。
もちろん横浜F・マリノスや他のチームが手を抜いていた、ということでは全くありません。全てのクラブチームが総力を上げて戦っているわけですから。
(村井チェアマンは、そんなことない、時間稼ぎや意図的な遅延行為を結構見受ける、と言ってましたが、それは、チェアマンがJリーグを知らないだけ。あのチェアマンとしての発言は、恥ずかしかったなあ。Jリーグを知らないサラリーマンの飲み屋の話しならまだいいですが)

ACLグループリーグの最終節にも、ご褒美が

今年のACLのグループリーグの最終節にも、私は、神様からの贈り物があったような気がします。
御存知の通り、今年のACL、サンフレッチェ広島には、いろんなことがありますが、特にアウェイでのFCソウル戦では、不可解なジャッジで、勝ち点3から勝ち点1になってしまいました。
(誰が見てもアンフェアなジャッジに対して不服を申し出たのは、サンフレッチェ広島だけ。もちろん正規のルートを通じてですが、Jリーグや日本サッカー協会は、無視です。
村井チェアマン、あれだけフェアプレイを言っておいて、何もしないのですから、部下に厳しく、上司に媚びへつらう感じなんだな、とよくわかりました。まさか、審判は絶対だ、なんて、また小学校の先生のような事は言わないとは思いますが)
ちょっと話がズレましたが、とにかく、アンフェアなジャッジや、あまりにも酷すぎるスケジュールを、何とかグループリーグ最終節まで戦ってきたサンフレッチェ広島。何度も得点機会はあったけど、蓄積疲労のためか、最後の精度が高まらず得点が取れない。引き分けでは扉は閉ざされる、何とかならないか、と焦っても、後半も時間が経過していくばかり……。

何度目家のフリーキック。キッカーは塩谷。
本人も言ってましたが、あれはあきらかにミスキックだったと思います。そのまま飛んでいたら、枠を外したか、あるいはサンフ側から見てゴールの左にいたディフェンス正面に飛んでいったでしょう。
ところが、山岸智選手の足に当たって軌道がずれたのです。そしてゴール。

これは、サッカーの神様からのご褒美だった、と思うのです。

さあ、これからも「全力」で

サッカーの神様は見てくれています。これからも「全力」で戦う限り、応援してくれるはず。
昨日は、残念な結果に終わってしまいましたが、リーグ戦は、これからです。ACLもこれからです。
これまでは、イントロダクション。(なんて厳しいイントロダクションなんだろう、とは思いますがw)
まずは、ワールドカップの休み期間まで、私たちファン・サポも、「全力」で応援しましょう。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村