お盆の迎え火の日に、サンフレッチェ広島の来し方を思う。 サンフレッチェ広島ファン・サポ初心者に課題図書「サンフレッチェ情熱史」

習慣としては、全国に色々ありますが、日本のたくさんのところで、夕刻になると迎え火を灯し、ご先祖様をお迎えされている家も多いことでしょう。
そんなわけで、今日は、サンフレッチェ広島の来し方を何となく思っています。
思えば、サンフレッチェっ広島、いろいろあったけど強くなったなぁ。
だってここ数試合、調子がよくないのは認めますが、その時の何人かの反応が、優勝することが義務付けられたチームに対するもののような……
そのことの是非ではなく、サンフレッチェ広島が、強いチームになった、ということを実感した次第です。
[ad#co-2]

サンフレッチェ広島の来し方、行く末を思うために

サンフレッチェ広島のファン・サポが増えることは、それはそれま猛烈に嬉しい事ですよね。そして、これからのサンフレッチェ広島を、しっかり応援していきましょう。
サンフレッチェ広島と生きていく人生は、そりゃ、楽しいものです。(苦しい時とか、悲しい時とか、嬉しい時とか、全部ひっくるめて、楽しいですよね)
で、一つ提案があります。
「サンフレッチェ情熱史」をお読みになってみたらいかがでしょうか。

サンフのファン・サポなら知らない人がいない中野和也さんの、素晴らしい本。まさに情熱史。
昔からのファン・サポにはもちろんバカ受けですが、ここ数年、あるいは今年、いや、昨日、いやいや、今、サンフのファン・サポになった初心者の人にもオススメです。
これを読むと、サンフレッチェ広島の、血の流れる(出血じゃないですからね、歴史の中に血液が流れている、という意味ですからね)歴史を、知る、というより感じ取ることが出来ます。感動に涙が止まらないサンフレッチェ広島の歴史書です。
いや、これ、勝手に課題図書、とさせていただきましょう。
この夏休みに、「サンフレッチェ情熱史」を読んで、これから更に熱くなる3連覇への道を、一緒に応援しようではありませんか。
読んでいるのといないのとでは、全然、気持ちの昂ぶりが違いますから。
[ad#co-2]

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします!


にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村