【速報】寿人、やっぱり来た!!! 日産スタジアムで横浜マリノスに久しぶりに勝利 1対2

今、日産スタジアムから帰ってまいりました。

で、興奮冷めやらぬ今、書いてしまいますよ。

まず、だんだんサンフレッチェ広島の攻撃がいい感じになってきました。
今節のシュート数で比べてみると、マリノスが5本、サンフが18本。
この差はやはり、攻撃がうまく行き始めた、ということだと思うのです。

最初の10分は、広島の右サイドがちょっと戸惑っていた

最初はやばかった。
ワンタッチのパスで簡単に崩された。
これはヤバい。

伊藤翔に決められた時は、今日は3点くらい取られてしまうんじゃないか、と感じたほど。
マークの受け渡しがうまくいかず、パスんスピードについていけなかった。

直後も、齋藤学だったと思いますが、結構、同じような感じでやられそうになった。
マークがずれていた、というか。

たまたま、シュートが林卓人の正面を突いたから助かったけど、やばかった。

その後は落ち着いたサンフレッチェ広島

その後は、とりあえず守備は落ち着きました。
しっかりマークにも行けるようになり、マリノスの攻撃の途中で奪い返せる回数も多くなりました。

こうなるととりあえず、安心。

そして、前半の27分辺り、サンフレッチェ広島のドウグラスに、同点ゴールが生まれます。

極論すると、今日の戦いは、中澤選手との戦いでした

やっぱり凄いんですよ、中澤は。

サンフレッチェ広島は18本もシュートを打ったのに、16本は決まっていないのです。
それは……やっぱり中澤選手なんです。

シュートコースをしっかり切られていたんだと思います。
シュートチャンスも潰されていますし。
コーナーキックもしっかりディフェンスされていました。

やっぱ凄いです、中澤選手は。

で、ドウグラスの1点目。

ミキッチが右サイドをドリブルで上がる。
少し中へ切り返したかなあ、とにかくマリノスディフェンス2人の間を抜いて、ペナルティエリア近辺のドウグラスにパスが通ります。

で、この時、中澤選手が、ドウグラスの前に立ちはだかるはずでした。

ところが、ドウグラスがミカからのパスを受けると、寿人が少し右サイドへずれるのです。
その動きに、中澤選手が本能少しだけつられてしまうのです。
一瞬、ドウグラスの前が開き、ゴールへの動線が見えたのでしょう。見事にシュートが、サンフサイドから見て左隅に決まりました。

この1点目、ミカも凄いしドウグラスも素晴らしかったのですが、寿人の中澤選手を連れて行った動きも凄かったのです。

そして後半の2点目。

リバウンドを見事に押し込みました。

改めて、寿人は凄い。

日産スタジアムのサンフレッチェ広島サイドは、ボルテージは更に上がりました。

結局、寿人です。

進化するレジェンド=寿人。

さあ、これから、快進撃がつづきますよ。

◆よろしかったら、ブログランキングに、ひと押し宜しくお願いいたします。

 にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です